今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻番外編(安土〜長浜への道)

<<   作成日時 : 2006/09/09 22:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

9月7日から9日にかけて、功名が辻番外編個人企画で、「安土、長浜、宇治」を散策しました。宇治は功名が辻と関係ないのですが、これまで言ったことがなかったので、この際に。
まず、安土編。
安土町の様子は、安土観光協会のホームページを
http://www.azuchi-shiga.com/
行く前にこのページをチェックしていたので、駅前で自転車をかりて信長コース(約3時間)をトライ!しかし、関西はこの日、あいにくの雨。午後には雨が上がるということで、大丈夫かな?と思いつつ、安土駅に降り立ちました。

まず、駅前のレンタサイクルで自転車を調達。ここのおじさんはなかなか親切な方で、詳しい道のりや安土城の発掘に関する新聞記事の説明もしてくれます。天気が??だったので、「傘をもっていくといい」とのおじさんの言葉に、最初は「大丈夫ですよ」といって、20メートルくらい進むと、ポツポツ雨が・・・180度もどり、ふたたびおじさんの下へ「傘貸してくれます?」(笑)
再スタート後、セミナリヨ跡をみて、安土城跡地へ。
500円の入山料をはらって登山。下山含めてだいたい1時間。正直疲れました。
何に疲れるとかというと、山頂の本丸まで約400弾の石段、のぼりおわりまで約40分。この石段のひとつひとつが高いんです。要するに、30から50センチくらいがひとつの段になっているんで、足をおもいきりあげないと登れない、つまり、疲れる(-_-)。
大手門の両横は、羽柴秀吉邸と前田利家邸。両横が羽柴・前田でかためたところに信長の信頼が伺える。よく考えれば、安土城が築城された時期には、羽柴秀吉は中国地方で毛利攻め、前田利家は柴田勝家の与力として北陸に、ということで同時期にこの屋敷にいた時期はあまりないかもしれないが、おねとまつの2人はそれぞれ長浜と七尾の所領がありながらも、お向かいさんとして親しくしていたかもしれない・・・そんな思いを正直に思った。
さらにのぼり、二の丸の信長廟をみたあと、山頂の天守台跡へ。印象は、ちょっと思ったより小さいと思ってしまった。しかし、ここに430年前、華麗な幻の天守閣が立っていると思うと、ロマンを感じる。
下山は、総見寺跡へ。総見寺は、信長が自らの神格化を高めるために創建した寺。
実は、いまも安土城跡を含む安土山は総見寺の所有物になっていてます。
総見寺跡にたつと、そこからは琵琶湖の西湖が一望。そして、旧城下町も。
ここで、気づいたのですが、天守閣からみて南に位置する大手門のまわりは武家屋敷で、城下町は天守閣から見て西南、つまり城下町−総見寺ー天主という軸が成立。城下町から天守閣をみあげると同時に総見寺の三重塔もみることになり、信長の威厳をいっそう高める構図になります
天守閣下の清涼殿をもした本丸といい、恐るべし信長。

安土城跡から、県立安土城歴史資料館と、信長の館へ。
ここで、事故が、スロープをおりていたところ、雨でぬれていたところに足を滑らせて、思いっきり転倒!!!このときに、頭をうたなかったのは不幸中の幸いですが、右ひじと右手の付け根を痛打!右手がうまく曲がらなくなり、食事と着替えにやや不自由。。。

そんなこんなで、安土を後にし、次は長浜。
ここでは、「一豊・千代博覧会」をやっていて、「長浜城」「曳山記念館」「大通寺」の三会場で、開催、共通券をかって三会場をまわったんですけど・・・・
長浜城は史料中心で、あとの2つはおまけといったところでしょうか。史料というよりも、北近江の位置関係などいかなきゃわからないことがよくわかりました。長浜と千代がうまれた飯村ってすごくちかいんですね。さぞかし千代にとっては長浜城主になったことはうれしいことだった思いますが、そういうところはあまり描かれませんでしたね。2万石だから、飯村は山内領ではなかったかもしれませんが。
「大通寺」で笑ったのは、千代と一豊の解説文に
「一豊は作品であり、千代は作者であった」
と、みんな思っているけど、いえないようなことを真っ正直に書いていたこと。
これは内心かなりヒットでした。長浜の人は正直ですね。

次は、宇治へ。
功名が辻と関係ないのですが、平等院や、源氏物語宇治十帖の舞台をみてみたいので。
平等院は世界遺産にも指定されましたが、1000年の悠久を感じました。重みがありますね、鳳凰堂は。
宇治川は思ったより急流。源平合戦のときに、佐々木高綱と梶原景季が急流の宇治川に乗り入れて先陣争いをしたエピソードの意味がよくわかりました。今なお急流を馬で先陣あらそいするのはすごい!
川を渡り、宇治上神社をへて、源氏物語ミュージアムへ。不義の子、薫と、これまた不義の子・今上帝の子匂宮を中心に、大君、中君、浮舟をめぐる恋物語の宇治十帖の舞台がよく描かれていました。
また、源氏物語を読んでみようと思いました。

そんなこんなで安土・長浜・宇治のたびをおわり、ふたたび日常へ・・・きついな〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
戦国武将の中で、伊達政宗の次に織田信長が好きなので、
安土はぜひ行きたい土地の一つです。
でも、夏休み中は暑そうで。。。
自転車で回られたとのこと、暑くなかったですか?

ヒロ子
2006/09/10 21:54
ヒロ子さん、こんばんわ。

天気にもよると思うのですが、自転車で回る分には暑くないですよ。私がいったときはポツポツと雨が降っていたので、暑さは感じませんでした。
しかし、安土山を1時間かけて登山・下山したときはめちゃくちゃ暑さを感じました。問題はそこですね。
今日感
2006/09/10 22:07
こんばんは。お疲れ様でした。
ここぞとばかりにやってましたか「一豊・千代博覧会」!
かきいれどきですものねえ〜。
平等院も回られましたそうで、おうらやましい。
壁の彫刻も見ものなんですよねえ。
お怪我の方は大丈夫ですか?どうぞお大事に。
真田
2006/09/10 22:10
真田さん、こんばんわ。

平等院はちょうど国宝の復元修理中で、一部の公開でしたが、1000年前の技術のすごさを感じました。
怪我はだいぶよくなりました。ありがとうございます!
今日感
2006/09/10 22:20
 はじめまして。nanaと申します。よろしく。
 安土とかって、自分ではなかなか行けない場所なので、楽しく拝見させていただきました。
 いつか行ってみたいとは思うんですけどね(笑)
 ケガは大事には至らなくてよかったですね。
 私はこの夏、竹田市を散策しましたよ。滝廉太郎記念館とか。
 古〜い街並みを楽しむ、って感じでした。
 
 
nana
2006/09/10 23:29
nanaさん、こんばんわ。

長浜もそうでしたが、古い町並みが残っている街は本当に貴重な存在ですね。ずっと残してほしい町並みでした。
今日感
2006/09/10 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
功名が辻番外編(安土〜長浜への道) 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる