今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻(9月10日)

<<   作成日時 : 2006/09/10 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 25 / コメント 15

鶴松の死で挑戦に出兵する秀吉。尾張派と近江派の対立も先鋭化。すべてが狂いはじめる豊臣家。
若手が秀吉にならい髻を切るのを、「何だ、こいつらは・・・」と思いつつ、遅れまいと髻を切る一豊と一氏。このあたりも、いまひとつ乗り切れない中二階の悲哀?を感じます。

徳川陣営では、榊原康政が今回から登場。これで、徳川四天王(もう酒井忠次は引退ですから三傑ですが)が登場。徐々に豊臣から徳川へのシフトが、配役陣からもうかがえます。

六平太ひさびさの登場。確かに10年ぶりですね、前回は本能寺の変のときでした。
「情の時代はない・・・」
千代に告げる六平太。
秀次を見捨てなければならない山内家のことを暗示するセリフですね。
こりんは、もうでてこないのかな・・・

関白になった秀次
最初から秀吉にはバカにされるし、家康にはおだてられ・・・千代には秀吉には学問がないと、絶対にいってはいけないことを口にする有様。
しかし、早くも秀頼が生まれれば用済みといわんばかりに、わずか20分の天下。
勝手に後継者にまつりあげられ、勝手におろされる。悲運な人生。
それにしても、秀吉と三成を前に何の疑問もなく抱負をかたるところは・・・もうちょっと時流を読めませんか。
宿老が入れ知恵しなさい!
「太閤殿下の気持ちは若君に移っているかもしれませんので、ものいいはおだやかに・・・」とか。一豊には期待しないが、堀尾や中村が言えばいいのに。

しかし、秀頼は誰の子でしょうか???今度は、石田三成の子?
三成に対する淀のアプローチと、「覚えがありましょう」と官兵衛にいわれたときの秀吉の?なリアクション。
ま、はっきりさせるわけないか。

先週末に、長浜と安土をみてきました。詳しくは、

http://sunfield.at.webry.info/200609/article_11.html
もご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(25件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ 「功名が辻」 豊臣の子
鶴松が死んだことで秀吉が狂気へ走っていきます。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2006/09/10 21:14
功名が辻36淀には恐ろしき憑きものが!!
太閤秀吉の天下で、平和な時代なはずなのに、歴史の底で暗雲が蠢き始めています。春は春に来るのではなく冬からその準備があるように、夏の絶頂期から真冬が始まっているのですなぁ・・・ずずずzz(と縁側で昆布茶をすする) ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2006/09/10 21:23
大河ドラマ 功名が辻・第36回「豊臣の子」
鶴松様とつぜんのご逝去! これはですねえ、怪しいですよ!謀略のにおいがぷんぷんします。 ...続きを見る
真田のよもやま話
2006/09/10 21:32
功名が辻:第36回「豊臣の子」
テレビを点けたらナイスタイミング。 成宮君が出ています。関白に出世したのだそう。 ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2006/09/10 21:44
「功名が辻」第三十六回
今日は18時〜からのBS-hiで見ました。BS-hiも字幕出るのねぇ。知らなかった。(それも色つきで・・。)今週はいろんなことが目まぐるしく起こって、なんかどれがメインなのかわからなかった。タイトルは「豊臣の子」なんだけど、拾が生まれたのは、ラスト10分あたりでしょ... ...続きを見る
カクテルライト(Cocktail-lig...
2006/09/10 21:44
【功名が辻】三十六話
鶴松が亡くなり、失意の秀吉は、豊臣の将来への不安も強まり、明国攻めへと駆り立てられていく。淀ですが。心は決まった。今一度、太閤の子を産む。されば三成。我を助けよ。どう助けろと。。。って事は、やはり、って事なのですね。そして、淀殿の第二子が誕生。この、淀... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/09/10 22:07
功名が辻〜北政所・浅野ゆう子の演技が凄かったです!!
大河ドラマ・功名が辻ですが、豊臣秀吉晩年編に突入し面白くなっております。柄本明の熱演もさることながら、今回は浅野ゆう子が凄かったです。 ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2006/09/10 22:20
功名が辻 第36回「豊臣の子」
今回は秀吉さん(柄本明)大熱演の回でございました。 前回のラストに鶴松が病で急逝し、葬式で嘆き哀しんだと思ったら、朝鮮への出兵。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2006/09/10 22:41
功名が辻第36話「豊臣の子」
先週の終わりにちょろっと触れられたように、秀吉の子・鶴松が病死し、お葬式の場面からはじまりました。みんな揃ってちょんまげを「それがしも!それがしも!」とちょん切っていましたね〜。…にしてもみんな髪の毛の伸びるの早いですね。すぐちょんまげが復活していまし... ...続きを見る
さくら色通信
2006/09/10 23:02
「功名が辻」第三十六回
第三十六回「豊臣の子」秀吉と淀の子・鶴松が病で急逝、淀は寧々による毒殺を疑い、寧々はこれを否定したが千代を呼び出し、これからは秀次を豊臣の跡取りとして盛り立てるよう告げる・・・。冒頭は、鶴松が死去し、秀吉の後継者問題が勃発!天下人の悲運・・・秀吉を狂わ... ...続きを見る
日々“是”精進!
2006/09/11 05:22
功名が辻 第36話 大河ドラマですね(^_^)b
内容鶴松の死をきっかけにし大明国に討ち入ることを決めた秀吉。だが、初戦は良かったモノの苦戦が続く。そのとき秀吉にとって2つのことが起きる。母なかの死、そして後の秀頼の誕生。大きく運命が動き出す。。。オープニング前いっつも無理にの盛り上げようとするのに今... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2006/09/11 08:13
功名が辻36・・人の心を読む。。
秋深き。。隣は何をする人ぞ。。芭蕉皆さんいかがお過ごしですか〜私は今日も功名が辻楽しんでいました先週の1シーンです。いつもラブラブな千代と一豊さまこの絵は友樹7097さんよりお借りしました鶴松が亡くなり。。跡継ぎは秀次。。かと思いきや、またもや淀茶々男の子... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2006/09/11 08:47
「功名が辻」第36話。
みなさんこんばんは。「功名が辻」第36話の感想です。今週もバランス ボールに乗って見ました。しかしあれってずっと乗ってると、降りてからも 体が揺れてる感じがするんですよね〜。だからこれ書いてる今もゆらゆら ゆらゆら…馬にずっと乗ってても、似たような感じがするのかしら。 ...続きを見る
Creme Tangerine
2006/09/11 08:47
功名が辻 秀吉一色
ブログを引っ越して初の「功名が辻」カテゴリーです。 前回までのレビューを読んで頂ければ一番なのですが、音信不通(?)でブログが開けません。じつは、私は今回の大河より「茶々びいき」となっていました。 ...続きを見る
※悠然と,冷静に,熱く生きる 2
2006/09/11 09:39
肥前名護屋城
天下統一を果たした秀吉は、1591年9月に諸大名に朝鮮出兵を命じた。 同年10月、肥前名護屋を朝鮮出兵の基地とし、名護屋城の築城を開始。 加藤清正が設計、大名たちに分担させ、わずか5ヶ月で完成させた。 17万平方メートルを超える大きさで、当時は大阪城に次ぐ規模であった。 天守閣には金箔が施され、贅沢を極めたものであったという。 周辺には、徳川家康、伊達政宗、毛利秀頼、黒田長政、加藤清正らが陣屋を築いていた。 また、茶の湯に傾倒していた秀吉は、大阪城本丸に黄金の茶室をつくったが、159... ...続きを見る
功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ね...
2006/09/11 09:41
功名が辻9月10日「豊臣の子」
後継者ができたと喜んでいた秀吉に悲しみが重なっておそいかかってきました。 ...続きを見る
功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ね...
2006/09/11 09:44
『功名が辻』 第36回 「豊臣の子」
来週が楽しみ…w ...続きを見る
なんでもreview
2006/09/11 09:53
功名が辻 第36回 と篤姫は宮崎あおい
本編 今週はちょっと大奥チックなスタートでした。跡取りの鶴松が急逝し、秀次が関白になります。ここでも北の政所(寧々)と淀(茶々)のバトルが・・・。 そして秀吉は暴挙といえる朝鮮出兵を行います。 ここでの家康の動きは明らかにわざと遅らせて参加しなかったんで.... ...続きを見る
賃貸営業よもやまばなし
2006/09/11 18:28
功名が辻  第36話
これからの戦いは目に見えぬ戦いだ。人の思惑駆け引きで動くようになる。 ...続きを見る
くつろぎ日記
2006/09/11 18:29
功名が辻*豊臣の子
待望であった秀吉の子、鶴松が死去。 秀吉は悲しみのあまり、まげを切ってしまう。 ...続きを見る
せるふぉん☆こだわりの日記
2006/09/11 20:48
秀吉の暴走と秀頼の誕生…〜功名ヶ辻・第36話〜
 今回の功名ヶ辻・第36話は、前回の最後に亡くなった鶴松の葬儀のシーンから始まりましたね。 ...続きを見る
りっきーのブログ日記
2006/09/11 22:38
功名が辻第三十六回「豊臣の子」〜それがしも!それがしも!〜
鶴松死去→秀吉マゲを落とす →それがしも!それがしも! →しかし秀吉57歳にして頑張る! →豊臣家にまたも男子誕生! &nbsp; ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/09/12 00:13
「功名が辻」第三十六回
鶴松君ご逝去後、「太閤秀吉暴走する」の回です。そして!!お帰りなさい六平太! もう今回はそれでいいや。と思ってしまった今週号。(おい) 今週も盛りだくさんなハズなのに……。 ...続きを見る
リリコ雑記
2006/09/12 23:40
功名が辻〜それがしも!
NHK大河ドラマ「功名が辻」第36話〜豊臣の子NHK「ステラ」今週号はナリくんのインタビューです秀次姿もいいけれど、私服のインタビューが見たかったなぁ・・・ぜいたく???先日、NHKスタジオパークにナリくんが出演していましたが、大河ドラマに出たいために... ...続きを見る
うさうさ日記
2006/09/13 01:59
掛川を訪ねて(5)千代と一豊・掛川館
ここでは、千代・一豊夫妻の活躍の解説、ドラマセットの再現や映像、ジオラマ、ドラマで使用された衣装・小道具・パネルの展示を楽しむことができます。 ...続きを見る
功名が辻 山内一豊・千代ゆかりの地を訪ね...
2006/09/13 10:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
そう、誰の子?という感じでした。
ryi
2006/09/10 21:13
ryiさん、こんばんわ。

この???な疑問は、秀吉の死の回か、関ヶ原前に、淀が三成に告げることで明らかになる展開を期待します。
今日感
2006/09/10 21:17
いつもどもです
中二階の悲哀?とはうまいですねぇー
確かに二人とも付いてけないーーーって感じでうろたえてましたね。
淀君うまいこと産みます。誰の子か。・・・秀吉ではないことだけは確かかと・・・。
ぱるぷんて海の家
2006/09/10 21:34
こんばんは〜。
秀吉様ご本人が疑念を抱かれていたような雰囲気でしたねえ。
今だったらDNA鑑定を要求して家庭騒動になっているかも〜。
真田
2006/09/10 21:43
ぱるぷんて海の家さん、いつもこちらこそ!

安土にいってきましたが、あいにく天気がわるかったせいか、先週おしえてもらったウィンドサーフィンをみつけることはできませんでした。
しかし、琵琶湖はほんとに大きいですね。驚きました。
今日感
2006/09/10 21:45
真田さん、こんばんわ。

秀吉のリアクションがみんなの期待?を高めましたね。
秀頼の出生疑惑と「不信のとき」がダブってみえちゃいました。
今日感
2006/09/10 21:46
こんばんは!

今回の淀殿と三成のシーンにはかなりドキリとさせられました。対照的な存在である秀次には「源義経」のような判官贔屓みたいな感情を持ってしまいました。秀次の性格については諸説ありますが、このドラマでの秀次には悲哀を感じてしまいます。
琉河岬
2006/09/10 22:41
琉河岬さん、こんばんわ。

このドラマの秀次は「秀吉−淀−三成」のヒールラインとの対極で描かれていますからね。“殺生関白”はヒールラインが作った虚像という分析も徐々にでてきてますから、このドラマの描き方が案外正しいのかもしれませんね。
勝手に持ち上げられ、勝手におろされたんだから、自暴自棄になるでしょう。
今日感
2006/09/10 22:51
おはようございます。
秀次、見るからに頼りないですね。
>わずか20分の天下。
ほんと、あっという間…。

淀の懐妊→出産もあっという間でしたね。誰の子なのか、
秀吉も疑ってそうな雰囲気にドキリとしました。
もちきち
2006/09/11 08:52
こんにちは!
コメントありがとうございました。


淀の子・・・やはり三成との関係が怪しいような
雰囲気で描かれていましたね。
秀吉も内心は本当に自分の子であるか疑わしい
と思っていたのでしょう。

秀次については、これから先のことを考えると
切なくなりますね
しずか
2006/09/11 09:40
こんにちは♪
淀君の相手は誰か気になるところですが、三成のポーカーフェイスの裏は読みにくいです〜(笑)
淀君は嫌々ながらも覚悟を決めての懐妊だったので、もう一度目をつぶって耐えたのだと私は解釈しました(爆)
ミチ
2006/09/11 10:18
もちきちさん、コメントありがとうございます。

来週には関白失脚ですから、大河史上最も短い天下人?
拾もうまれましたし、急に話のテンポがはやくなりましたね。掛川に移っても、掛川城もでてきませんでしたし。
今日感
2006/09/12 00:19
しずかさん、こちらこそコメントありがとうございます。

秀次失脚がこれほど切なく描かれることもないでしょうね。来週の演出は、これまでと一味違った秀次失脚を期待したいですね。
今日感
2006/09/12 00:21
ミチさん、こんばんわ。

三成のポーカーフェイスはそのとおりですね。歌舞伎役者のかたが大河にでると皆さんポーカーフェイスですが、毛利元就のときの橋之助は「気弱」な表情もでしたりしてましたが、今度はほとんど表情なしだから読みにくいですね。
今日感
2006/09/12 00:23
鶴松君が亡くなって家臣がチョンマゲをきるシーン。みんな髪のびるのはやいですねー・・・。私はチョンマゲ結うのに4ヶ月かかったのに・・・。集まったマゲを見てご満悦の秀吉。はっきりいって怖いです。一豊・千代、がんばれ!!
タケタケ
2006/09/19 16:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
功名が辻(9月10日) 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる