今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻(11月12日)

<<   作成日時 : 2006/11/12 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 30 / コメント 10

関ヶ原がおわり、三成は囚われの身に。福島正則ら東軍諸将のさらし者になるのを見かねた一豊は陣羽織をかける。

おいおい、このエピソードは、黒田長政のエピソードじゃないですか!
人のエピソードをパクッてはいけません。見ていて一気に興ざめになりました。遺言を託すシーンも不自然極まりないし。
東軍諸将が三成の横を通り過ぎるときに、細川忠興だけがちょっと立ち止まって、何かいいたげなシーンがありました。ガラシャを殺され、東軍の中で唯一、人質を三成に殺されたのが、細川忠興。何かいいたいことはよくわかりますが、それを言わずに去っていく。この場面がわずか数秒でしたが、とても丁寧なつくりと思いました。
それだけに直後の一豊のパクリエピソードに残念!

この3、4回ほど思っていたのですが、一豊は関ヶ原を「徳川VS豊臣」と考えていたようですね。だから、三成の敗北=豊臣の敗北ということで、勝っても釈然としない、スッキリしない。
それが、大坂に戻ってから、千代と2人、勝った側とは思えないほど、ジメジメしてしまう。

でも、この戦いは当時の認識では、「徳川VS石田」であって、豊臣家の天下を徳川に支えさせるのか、石田に支えるのかという家臣同士の争いだったはずです。
福島正則なんて確実に「徳川VS豊臣」だったら、三成に加担しています。ですから、そう見せるために三成は秀頼の出馬にこだわったのですが・・・
実際、関ヶ原の戦いが終わっても、家康が征夷大将軍になるのは3年後、それでも豊臣家は徳川家の家臣ではなく、「別格の存在」として各大名も江戸と大坂に伺候するのが続きます。
豊臣家が徳川家の下と各大名が思うのは、二条城で家康が秀頼とあった後からです。

一豊は「徳川VS豊臣」と考えていたので、ジメジメした思いを持ち、三成に同情してしまう。そう考えると、一連の行動は説明できます。もちろん、千代も含めてあそこまで肩入れしなくてもいいと思いますが・・・家康にとがめられるリスクは大きい!

さて、「土佐20万石」を拝領した一豊。吉兵衛にみせるように高く書状を掲げ、宴席では新右衛門の隣に吉兵衛の影膳も用意されています。感慨深い一豊と千代、そして家臣団。とうとうやりました。
「無事これ名馬」ということでしょうか。失礼ながら、目覚しい功名がそれほどない一豊が国持ちに。
千代の「お命のお持ちかえりこそ、功名の種でございます」という決め台詞が、実感した瞬間でした。
「千代にもろうた国じゃ」一豊の言葉にも本当に実感がこもってます。

おめでとう!山内家の皆さん!!

もちろん、すんなり土佐に入ることはできません。
恩賞にあずからない影の存在・六平太は土佐の難しさを千代に説きます。
「一豊が浮かれすぎないよう、手綱を締めておけ」
無理です。一豊はもう浮かれまくってますよ!家康の真意なんてわかるはずもないし。
そうか!このために六平太は関ヶ原で死ねなかったんだ!どうやら、土佐入りの影にも六平太ありです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(30件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ 「功名が辻」 三成死すとも
なんか板垣死すとも・・・。みたいです。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2006/11/12 20:57
大河ドラマ 功名が辻・第45回「三成死すとも」
三成死すとも・・・豊臣家は死なず?それとも、第二第三の三成?いったいどう繋がるんでしょう。興味津々ですわこれ。 あ、不謹慎でしたか?失礼いたしました。 ...続きを見る
真田のよもやま話
2006/11/12 21:21
功名が辻45 千代豊臣家を滅亡させる!?
「葵徳川三代」総集編ビデオ借りてきてしっかり観ました。前回の関ヶ原戦闘シーンがどれだけ使い回しされてるか検証するために。 しかし改めて配役を見るとスゴイ俳優揃えてましたね。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2006/11/12 21:21
功名が辻 第45回「三成死すとも」
関ヶ原から敗走した三成(中村橋之助)さん囚われ人となりました。 その三成さんに、自分の着ていた羽織を着せる一豊(上川隆也)さんでありました。 そして、淀(永作博美)への遺言を一豊に託すのでした。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2006/11/12 21:35
★功名が辻45・・生きてこそ。。
戦に勝利はしたものの一豊くん元気がありません。。捕らえられた三成さま。。一豊さまに遺言を託します。。「生き延びられよ!!」と淀の方へ。。淀の方につれなくしていた三成さまですがやっぱり相思相愛だったと思っていいのでしょうか。。パパでちゅよ〜〜みたいな場面... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2006/11/12 21:48
功名が辻:第45回「三成死すとも」
何と言いますか、やはり作り方が巧い『功名(巧妙?)が辻』。 泣きながら、ブーブー ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2006/11/12 21:51
【功名が辻】第四十五話
三成の敗北と落ちていく様に終始した回であった。惨めな敗退。。。人間、堕ちていく時は、こんなものなのだろう。行き着いた寺で、自分をかくまってくれた男との会話が涙を誘う。自分の居場所を三成狩りの侍に伝えよ、と三成は命じる。そんな事は出来ない、と拒否する男に... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/11/12 21:58
功名が辻のすばらしさを語ろうの会 関が原その後と、一国一城その後。
先週三宅さんに繰越された三成の最期のエピソード、あまり期待していなかったのですが、、、。 ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/11/12 21:59
「功名が辻」第四十五回
今日はBShiで見てもう一度地上波で見ました☆メモ書きしたんですが、あれも書かなきゃこれもって思ったら纏めきれなくなってしまった(汗汗)意味不明な箇所はお許しくださりませませませ。今週「も」ドラマ前半と後半二部構成的な作り。前半は先週からの流れの関が原合... ...続きを見る
cocktail-light
2006/11/12 22:03
功名が辻〜吉兵衛!一国一城の主じゃ!
NHK大河ドラマ「功名が辻」第45話〜三成死すとも前回の「関が原」同じくNHKの「その時歴史は動いた」っぽくて面白かったのですが、今回は関が原の後日談。後日談だけあってちょっと暗〜いストーリー展開でしたね・・・。三成と領民のエピソードもよかったです・・... ...続きを見る
うさうさ日記
2006/11/12 22:26
「功名が辻」第45回
「三成死すとも」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2006/11/12 22:30
功名が辻『三成死すとも』
功名が辻『三成死すとも』 『三成死すとも』・・・・自由は死せ・・・違うよ。 『豊臣滅びず』、と続けたいのでしょうかね?? いや、滅びるけど。 三成は捕らえられ、大津城の陣屋の前にさらされました。 三成にちょっかいかけたのは、あれは誰??福島?? 細川忠興(玉.. ...続きを見る
『ならうよりなれろ!!』
2006/11/12 22:44
さらば、三成・・・〜功名が辻・第45話〜
 さぁ、今回の功名が辻・第45話ですが、先週の関ヶ原の合戦を終えた後の戦後処理の場面から、物語が始まりましたね。 ...続きを見る
りっきーのブログ日記
2006/11/12 22:55
『功名が辻』 第45回 「三成死すとも」
千代…うわばみかと思いましたw ...続きを見る
なんでもreview
2006/11/12 22:56
功名が辻、感想〜山内一豊、土佐一国ゲット!!
功名が辻ですが、石田三成の最期や徳川家康vs淀君、山内一豊土佐一国手に入れるなど盛りだくさんでした。三成のことも思ったより描かれていました。三成は、縄目を受けて、晒しものにされます。福島正則は、「なぜ自害せずに、縄目の辱めを受ける!」と三成の全てが気に食わないようですが、三成は「英雄たるもの最後まで望みを捨てず、再起をはかるものだ」と嘯きます。(功名が辻の感想、以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2006/11/12 23:00
【功名が辻・感想レビュー】三成死すとも
昔アラブの偉いお坊さんが・・・失礼しました。昔ドイツの偉い軍人さんが、関ヶ原の合戦の布陣を見せられ「この戦いは西軍が勝って当然!」と言いました。その軍人の名はメッケル。明治期に日本兵制の近代化に貢献した軍人さん。その彼の頭脳を持ってしても西軍の負けを予想出来なかったぐらい、三成は大将としての器・統率力を哀しいほど持ち合わせていませんでした。持っていたのは、マイノリティにしか理解されない己の美学のみ。そして今回、三成が自害しなかった理由が明かされるかと思いきや・・・「豊臣家を何卒お守り下さい、と淀... ...続きを見る
必然的なヒストリー
2006/11/12 23:22
功名が辻*三成死すとも
関が原での勝敗が決まり、三成は捕らえられ、縄をかけられて門前にさらされた。 皆 ...続きを見る
せるふぉん☆こだわりの日記
2006/11/13 01:14
功名が辻 さよなら三成
テレビで大河ドラマの功名が辻を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)ほぼ全編で三成の最期を演出して下さいました。xxx< 今... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2006/11/13 02:24
「功名が辻」第四十五回
第四十五回「三成死すとも」関ヶ原から敗走した三成は再起の意志むなしく囚われの人となり、家康本陣のある大津城へと移された。縄目姿のまま城の門前でさらし者にされる三成。衝撃を受けた一豊は自分の羽織を三成にかけてやり、「たとえ家康を頼もうとも、豊臣家と秀頼様... ...続きを見る
日々“是”精進!
2006/11/13 04:58
功名が辻 第45話 さかのぼって、で潰しちゃった
内容三成は、自ら捕らわれる。淀へ、戦勝報告に訪れた家康。だが、淀の態度を見て即時処断を決意する。そして、諸侯への論功行賞。土佐20万石。真の意味で、一国一城の主となった一豊であった。。。↑もう、すべて書いちゃった(^_^;というより、『正確』には何も書くこ... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2006/11/13 08:24
「功名が辻」第45話。
早いもので今年も残すところあと2ヶ月足らず。「功名が辻」も今週を含めて あと5話のみとなりました…って最近こんな前振りばっかりだなぁ。今週の サブタイトルは「三成死すとも」。先週このサブタイトルを見たときは「自由は 死せず」ってか?と思いましたが、三成の場合「義は死せず」なのか…? ...続きを見る
Creme Tangerine
2006/11/13 08:51
「功名が辻」第45回「三成死すとも」
「その方の義、わが義によって、返したいのじゃ。」 三成が領民に言った言葉です。 前回関が原から敗走し、山中に逃げた三成が隠れていた祠であっさりと掴まってしまった、これには何やら物語がある、という終わり方をしていました。 ...続きを見る
つれづれ さくら日和
2006/11/13 15:18
功名が辻 第45話
秀頼、この者たちの顔、よ〜くお心に刻まれませ。 ...続きを見る
くつろぎ日記
2006/11/13 16:58
功名が辻 45話
 三成は安國寺恵瓊・小西行長らとともに六条河原で打ち首となりました。その前に、一 ...続きを見る
異世界への扉
2006/11/13 18:59
今週の「功名が辻」
第45回  「三成死すとも」 ...続きを見る
松平の野望 〜天下創世記〜
2006/11/13 20:19
功名が辻第45話「三成死すとも」
このドラマのメインイベントである関が原の合戦を先週終え、今日はその後の諸々…家族との再会とか、三成のこととか、土佐国ゲットしてついに一国一城の主!とか結構盛りだくさんでした。でも全体的にお涙頂戴的なお話が多くてちょっとうるるんとしかけましたが、泣くほど... ...続きを見る
さくら色通信
2006/11/13 20:27
忠義と裏切りの、すきま(功名が辻)
敗走し、匿われるも、三成、捕らえられる・・・。 ...続きを見る
朝凪、夕凪
2006/11/13 20:42
功名が辻
第四十五回「三成死すとも」 この日のために練ってきた第一声をかまそう。 さらば、忠烈の臣よ!! ...続きを見る
Fere libenter homine...
2006/11/14 21:49
功名が辻第四十五回「三成死しとも」〜三成に捧げる舞〜
一豊の優しさに感動しました。 ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/11/14 23:20
「功名が辻」第四十五回
今週前半は三成の最期でしんみり。なのに後半には嬉しいサプラーイズ!!遂に一国一城の主だよvv って、そうそう喜んでもいられない???(っつーか、二部構成だとテンションをどうしていいのか分らん) ...続きを見る
リリコ雑記
2006/11/17 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですよねぇ、黒田長政ですよねぇ。
一瞬あれって思いました。
ryi
2006/11/12 20:59
ryiさん、こんばんは!

黒田長政がでてくると思ったんですけどね。だって、昔、官兵衛が荒木村重に捕らえられたときに松寿丸(黒田長政)を救ったのは一豊でしたから。
今日感
2006/11/12 21:02
こんばんは〜。
死ぬほど尽くした割には大して感謝もされてないっぽい六平太クンが哀れ・・
少し拗ねてるように見えたのは気のせいかしら?
真田
2006/11/12 21:20
真田さん、こんはんは!

千代の「六平太、あなたもあがりなさい。」という一言だけでしたからね、彼に対する言葉は。酒でももってきてやればいいのに・・・
今日感
2006/11/12 21:27
こんばんは!
今日は千代と一豊で全部ええとこ取りでしたね。
まあ何の手柄もない主役だから仕方ないけどそれでもやりすぎの感ありです。
ぱるぷんて海の家
2006/11/12 21:29
ぱるぷんて海の家さん、こんばんは!

戦の中では話を作ることはできませんけど、平時では何でもありですからね。
今日感
2006/11/12 21:31
こんばんは。
「挿話」の横取りは、
今作ではもはや定番と化しているのでしょう^^;;
利家死後、三成を脱出させたのも一豊でしたし・・w

土佐一国の目録を与えた時も、
家康が両手で一豊の右手を掴んでましたが・・・
さらに黒田親子の挿話をパクルのか!?
とちょっとドキドキしました(笑)
元康
2006/11/13 20:25
元康さん、こんばんは!

あそこで一豊が短刀に手をかける・・・とは思いませんね、誰も(笑)。
今日感
2006/11/13 22:52
こんばんは。
>細川忠興だけがちょっと立ち止まって、
>何かいいたいことはよくわかりますが、それを言わずに去っていく。この場面がわずか数秒でしたが、とても丁寧なつくりと思いました。

・・・同感です。
ほんの短い場面でしたが、細かいなぁ〜と思いました。
(陣羽織のエピソードについては初耳でした。知らないことが多すぎな自分・・・。)
朝凪、夕凪
2006/11/13 23:15
朝凪、夕凪さん、こんばんは!

こういうチョッとした良さっていうか、そういうのを大事にしたいですね。大河ドラマでは。
陣羽織のエピソードはそんな有名な話じゃないですよ。知らなくてもぜんぜん平気です!
今日感
2006/11/13 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
功名が辻(11月12日) 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる