今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 功名が辻(11月5日)

<<   作成日時 : 2006/11/05 20:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 32 / コメント 13

まず、予想が大ハズレ!!!いや〜前回のラストと予告編にだまされました。
六平太をみくびってしまいました。「山内家の影の守護神」どころか「徳川家の影の守護神」になってました。
吉川広家内応確実の情報を一豊にもたらし、戦に躊躇する一豊を関ヶ原へ。
そして、小早川の陣営で小早川秀秋を内応へ。
これが家康の耳に入れば、六平太も大名です。

予想通り「葵〜徳川三代」の映像が多く使われてましたね。
・伝令が東軍の合い言葉を伝えながら、雨中、東軍が行軍するシーン
・地図が出てきて、関ヶ原の街道筋を説明するナレーションシーンの導入部
 (ここでいきなり三宅アナがでてきて、東西両軍の配置を説明しだしたんで「このとき、歴史は動いた」か、昔懐かしい「歴史への招待」かと思ってしまった。)
・合戦シーンのほとんど
・佐和山城攻めの場面
・落ち武者がりでの処刑シーン(葵では、秀忠隊=西田敏行が上田城攻めに失敗して、その責任を問う処刑シーンでした)

でも、「葵」の関ヶ原は2週にわたりに放送された秀逸な合戦シーンですから、これはこれで楽しめました。

気になったのは、俳優さんたちが演技する場面の演出も「葵」と同じだったこと
・福島正則のかぶとに銃弾が当たり、激昂する場面
・家康の勝ち名乗りの場面
・三成がかぶとを捨て、馬で敗走する場面
演出が同じ人だったのかな〜

ロンブー亮が島津豊久役でゲスト出演。
「新選組!」のときも山口智充がレギュラー出演(永倉新八)したときも、相方の平畠が葛山武八郎役で1,2話ほどゲスト出演したけど、それと同じようなものですね。
せっかくだから、陣中で話すだけじゃなく、島津の中央突破を披露してほしかったです。せっかく、井伊直政もいるのですから。

それにしても、合戦中も一豊は悩んでましたね。「最後まで徳川につくか迷ったワシに、活躍の場はあるはずもない・・・」「負けるやもしれぬ・・・」一豊らしいつぶやきです(笑)

ま、南宮山の抑えに回ったのは、池田輝政、山内一豊ら岐阜城攻めのときの「河田口」隊、関ヶ原の正面で宇喜多、大谷、石田と激突したのは、福島正則、藤堂高虎、細川忠興ら岐阜城攻めのときの「尾越」隊。
じつは、東軍も岐阜城攻めのときから福島正則と池田輝政が先陣争いが原因で犬猿の仲になったんで、その両軍を同じ方面に配置できないので、それぞれ岐阜城攻めのときの部隊編成と同じわけ方で別々に配したのが実情のようで・・・
でも、岐阜城攻めは、前回、数秒で終わったので、このあたりはこういう設定にしたんでしょう。

今日は、千代はほとんど拝んでいるシーンでしたね。
葵の使いまわしといい、結構製作者サイドにとっては「楽な回」?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(32件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ 功名が辻・第44回「関ヶ原」
東軍西軍、東西対抗!といわれますとつい、「かくし芸大会」を連想してしまいますが、 こっちの方が本家の元祖なんですよねえ、「関が原の決戦」! ちょっとスペシャル感を出してのっけから三宅アナウンサーが登場されまして、 まるであの、別の番組みたいでした〜。 ...続きを見る
真田のよもやま話
2006/11/05 21:02
大河ドラマ 「功名が辻」 関ヶ原
ついに決戦! 一豊が歴史の表舞台に躍り出ます。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2006/11/05 21:04
功名が辻44ご先祖も戦った?関ヶ原の合戦!
関ヶ原の合戦を見ながらフト考えた。 もしやワタシの先祖もこの中で戦っていたのではないだろうかと。 誰にでもいる先祖は20代遡ると軽く百万人を超えてしまうのである。関ヶ原は1600年だから16代〜20代くらい前の先祖だろう。その先祖の親か子か孫か、はたまた親戚かもし.... ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2006/11/05 21:17
功名が辻44ご先祖も戦った?関ヶ原の合戦!
関ヶ原の合戦を見ながらフト考えた。 もしやワタシの先祖もこの中で戦っていたのではないだろうかと。 誰にでもいる先祖は20代遡ると軽く百万人を超えてしまうのである。関ヶ原は1600年だから16代〜20代くらい前の先祖だろう。その先祖の親か子か孫か、はたまた親戚かもし.... ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2006/11/05 21:17
【功名が辻】第四十四話
人徳。。。敗走していく三成を見て、その二文字が頭に浮かぶ。東軍7万4千。西軍8万4千。勝ち目の薄い戦を分けたのは、西軍に付いていたはずの諸侯の多々の裏切りだった。内々に徳川の意を受けていた小早川の東軍寝返り。結果、東軍は圧勝した。後に残る屍の山。。。義... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/11/05 21:58
功名が辻のすばらしさを語ろうの会 三宅さんの関ケ原(笑)
さぁ、いきなり局アナの三宅さんがなんかやらかしてます(笑)関ケ原にああ言う説明がいるのはわかりますが、なんか三宅さんがあれを待ち望んでてわくわくしていたんでちょっと笑えました(笑) ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/11/05 22:02
功名が辻:第44回「関ヶ原」
「その時歴史が動いた」!?的解説の入った今回の「功名が辻」。 面白いと思う方もい ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2006/11/05 22:05
功名が辻 第44話 大河ドラマだよね??
内容関ヶ原の戦いそして、佐和山落城三成捕縛。。。戦が終わるまで約30分。『功名が辻』にしては、良くやった!!と言っていいだろう。だが、、、、、『関ヶ原』と言っても、序盤は、想像もしないモノだった。まさかの『その時歴史が動いた』風(^_^;途中、アナウンサー... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2006/11/05 22:08
功名が辻 第44回「関ヶ原」
天下分け目の大いくさってことで オープニングから 「その時、歴史が動いた!」風の うんちくコーナーです (^^;; ...続きを見る
みはいる・BのB
2006/11/05 22:10
功名が辻第44回「関が原」
やっとキタ!関が原!今回はドドーン!一豊。ドドーン!家康。ドドーン三成。で始まり、語り役の三宅アナウンサーが登場するようないつもと趣向の違う出だしだった。…にしてもなんで家康・三成と一緒に一豊を並べるんしょうね「やまがやま!さいがさい!」秘密の合言葉を... ...続きを見る
さくら色通信
2006/11/05 22:23
功名が辻(11月5日)
千代千代千代千代千代千代・・・ あぁ〜〜〜ウザイッ{/goo/}{/goo/}{/goo/} と突っ込みたくなるほど、妻の名前を呼ぶ一豊君。 先週、家臣の名前を一人一人呼んで、この戦にかける気持ちを熱く語っていた一豊様は、何処{/face_z/} そうそう。この一人一人の名前を呼ぶのは、上川さんのアイディアだそうで、上川さんの役への想いが感じられるようで、公式HPを読んで、{/hearts_pink/}でした。 ...続きを見る
えんため日記
2006/11/05 22:32
「功名が辻」第44回
「関が原」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2006/11/05 22:44
功名が辻
第四十四回「関ヶ原」 何故じゃ? あまりの展開に特別編は気が失せてしまいましたよ。 ...続きを見る
Fere libenter homine...
2006/11/05 22:54
【功名が辻・感想レビュー】関ヶ原
歴史に詳しくない人でも必ず知っている歴史イベント。それが「関ヶ原の戦い」。今夜、いよいよ開戦!琉河はこのドラマ最大の歴史イベントだと思っていたので、どんな仕様に仕上がるのかこの日を楽しみにしていたわけですよ。合戦シーンは、多少予算をオーバーしても「葵〜徳川三代〜」を超えて欲しいなあと思っていたわけで。まずは思わせぶりなOP。いいぞ、いいぞ〜!で、このオッサン誰ですか?何故か、一豊様の写真パネルがど真ん中に。この人合戦で何か功績を挙げましたっけ?これも主役の特権。家康と三成に挟まれる一豊の写真に何... ...続きを見る
必然的なヒストリー
2006/11/05 22:55
決戦!関ヶ原。。。〜功名が辻・第44話〜
 さぁ、ついに今回の功名が辻・第44話では、この物語の最後の『大戦さ』の舞台となった関ヶ原の戦いに突入する事となった訳ですが、最後の最後まで駆け引きの応酬となった戦いでしたね。 ...続きを見る
りっきーのブログ日記
2006/11/05 23:08
『功名が辻』 第44回 「関が原」
今まで合戦シーンを控えていたのは関が原に備えてなの? ...続きを見る
なんでもreview
2006/11/06 00:13
功名が辻 いざ関が原
テレビで大河ドラマの功名が辻を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)最初大河ではなくて 『そのとき歴史は動いた』 が始まっ... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2006/11/06 00:35
功名が辻感想〜関ヶ原における一豊の存在意義!
功名が辻ですが、関ヶ原の合戦ということで、いきなり三宅アナの解説から始まりますが、一瞬「その時、歴史が動いた」と間違えたのかと思ってしまいました。 ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2006/11/06 02:23
「功名が辻」第四十四回
第四十四回「関ヶ原」ついに天下分け目の決戦の火ぶたが切られた。家康のもとに参集した東軍七万五千、三成率いる西軍十万、陣形も兵力も圧倒的に西軍有利。一豊は家康の命により、主戦場ではなく、山上に陣取る毛利勢の押さえとして、南宮山の麓に配される。東軍の劣勢を... ...続きを見る
日々“是”精進!
2006/11/06 04:48
「功名が辻」第44回「関ヶ原」
「判官びいき」は日本人らしい感情だと言いますが・・・。 関が原、三成が気の毒に思えてならなかった方は私の他にもいるでしょうか。 ...続きを見る
つれづれ さくら日和
2006/11/06 08:50
「功名が辻」第四十四回
17時55分〜20時までBS朝日で「フィギュアスケートカナダ」の放送があったので、18時〜のBShiで見ました☆ドラマの冒頭、ナレーションの三宅アナが「関が原」のナビゲーターとして登場。中盤でも登場して、どことなく「その時歴史が〜」の前の「堂々日本史」っぽ... ...続きを見る
Cocktail-light
2006/11/06 10:54
功名が辻 第44話
天下分け目の関が原! ...続きを見る
くつろぎ日記
2006/11/06 17:11
旦那様、旦那様、旦那様、・・・だんなさま〜」(仲間由紀恵)
「三成、三成、三成、三成、みつなりーっ」(永作博美)を抑えてタイトルに。やはり、 ...続きを見る
キッドのブログinココログ
2006/11/06 17:44
旦那様、旦那様、旦那様、・・・だんなさま〜」(仲間由紀恵)
「三成、三成、三成、三成、みつなりーっ」(永作博美)を抑えてタイトルに。やはり、 ...続きを見る
キッドのブログinココログ
2006/11/06 18:07
今週の「功名が辻」
第44回  「関ヶ原」 ...続きを見る
松平の野望 〜天下創世記〜
2006/11/06 19:22
関が原で会いましょう(功名が辻)
・・・アバンタイトルというか何というか・・・。 語りのアナウンサーが出て来るのは・・・・・・それは大河じゃなくて、「その時歴史が〜」で充分なんじゃ・・・。 ・・・正直、「関が原」について詳しくない私ですら、見てて寒くなった(20年くらい前の、NHKのノリに逆戻りしたような雰囲気・・・)んですけど・・・。 ...続きを見る
朝凪、夕凪
2006/11/07 00:25
功名が辻*関が原
ついに始まった「関が原の合戦」 慶長5年(1600年)9月15日、東軍7万5千 ...続きを見る
せるふぉん☆こだわりの日記
2006/11/07 01:13
功名が辻第四十五回「関ケ原」〜東軍勝利のMVPは小童(こわっぱ)?〜
今回は、誰でも聞いたことがある「関ケ原の合戦」、詳しい人も、そうでない人もご一読いただければ幸いです。 ...続きを見る
「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も...
2006/11/07 01:35
功名が辻 第44回
今日の放送は、「その時歴史が動いた」でしたね。 ...続きを見る
ななさんにトラックバック
2006/11/07 11:28
★功名が辻44・・勝つことも寂しい。。
旅行のため旦那くんに録画を頼んだ。あれれ???なんだぁぁ〜〜??なんか撮り間違ってないかぁ〜〜??と思ったらなんだかへんなマエフリがあったのね〜。。いざ!!関が原へ!!いよいよだわ〜〜あれれ??またまた解説が。。。?お〜〜っとやっと関が原。隅っこに陣ど... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2006/11/07 14:12
功名が辻 関ヶ原
 関ヶ原を一豊(上川隆也)の視点も加えて描いた所が面白かった。  山上に陣取る毛利勢の押さえとして、南宮山の麓に配される一豊。  戦況を見守る立場。  必然、客観的にこの戦いの本質が見えてくる。  ひとつはこれが豊臣同士の空しい戦いであること。  ひとつは日和見、裏切りがまかり通る謀略戦であること。  ひとつは天下分け目の決戦で3万の死傷者が出たこと。  いくさを終えて、勝ったにもかかわらず虚しさを感じる一豊。 ...続きを見る
平成エンタメ研究所
2006/11/07 18:15
「功名が辻」第四十四回
いよいよ「関が原」の合戦!の今回。ってまるで「その時歴史は動いた」ですよHNKさん!! 力の入れ具合は相当でしたねー。(笑)個人的には楽しかったのですが。 ...続きを見る
リリコ雑記
2006/11/07 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。
その時歴史を動かしたのは六平太クンだった!
考えようによっては実に斬新な・・・。
それにしてもうまいこと映像を使い回しされてましたねえ。
真田
2006/11/05 21:01
真田さん、こんばんは!

まさに六平太が作った日本の歴史。いつどうやって、小早川とのパイプを(笑)。さすが山内家の周りのかたがたは歴史を動かしているのに、決して名乗らない謙虚な方々です。
今日感
2006/11/05 21:04
唯一、落武者狩りのシーンだけ場所が違いましたねぇ。
観ていて、あれ、秀忠出てないけど・・・。
と思ってしまいました。
ryi
2006/11/05 21:05
ryiさん、こんばんは!

「葵」で処刑の声を聞いて耳をふさいでいた秀忠が、今日は勝ち名乗りですからね〜あの勝ち名乗りの場面はロングサイズだったんで、思いっきり津川家康でしたね。
今日感
2006/11/05 21:09
結構使い回し多かったですね。
しかも最大の功労者は六平太?
ホント大名になっててもおかしくないです。
一豊も家康に云ってやればいいのにね。
ぱるぷんて海の家
2006/11/05 21:26
ほんとだ・・・。
津川家康だ・・・。
ryi
2006/11/05 21:27
ぱるぷんて海の家さん、こんばんは!

確かに、これで自分だけ20万石の大名になるのも・・・「功名が辻」ならぬ「手柄独り占め」です。
今日感
2006/11/05 21:54
こんばんは♪
やっぱり使い回しでしたか〜。
ドラマ後半に来てこんな大掛かりなロケをするお金がないのでは?と心配していたのです。(笑)
ミチ
2006/11/05 22:46
ミチさん、こんばんは!

大河ドラマの後半は予算的に苦しいシーンが多いですから・・・仕方ありません(笑)
今日感
2006/11/05 22:51
六平太は「本能寺」の時も、
光秀をそそのかしてましたし・・・
歴史を影で操る凄い人物だったようですね^^;;
秀秋とのパイプは、毛利に仕えていた頃に
培ったのかな・・とw

山内隊の配置は、岐阜城攻めの続きとすると納得ですね^^
元康
2006/11/06 19:35
元康さん、こんにちは!

毛利に仕えて、大陸にわたったって言ってましたからそうかもしれませんね。描かれていませんが、吉川広家にもいろいろ情報を流していたかも・・・おそろしや〜
今日感
2006/11/07 00:01
こんばんは。
六平太・・・「YOU、大名になっちゃいなよ」と言いたくなる位、活躍(暗躍?)ぶりでした・・・。

合戦シーンが使いまわし映像だと思うと・・・ちょっと、哀しかったです・・・。
朝凪、夕凪
2006/11/07 00:24
朝凪、夕凪さん、こんばんは!

ホント、六平太ってこのままだったら、ボランティアの神様みたいな存在ですね。
今日感
2006/11/07 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
功名が辻(11月5日) 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる