今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 信長の棺

<<   作成日時 : 2006/11/06 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「功名が辻」に続いてみましたが、結構みごたえありました。

ま、歴史考証がいい加減なところは、目をつぶりましょう(いきなり太閤や内府はないだろう)。いまや「功名が辻」で天下のNHKも歴史考証ずたぼろですから。

本能寺の変は、日本最大のミステリーのひとつで、秀吉主犯説もあるので、話としてそれほど違和感をもたずにみれました。
秀吉が「山の民」の出身であるというのは、墨俣一夜城がどうして可能だったかという話の説明も絡めて、ほかの人も小説で書いていましたが、本能寺の変とからめたのはどうかな?あんまり記憶にないですね。

近衛前久を筆頭に公家衆が一枚かんでた話も有名ですね。

こうした歴史的に知られている事実や、ほかの人も主張している説を上手にからめて、ひとつのストーリーにして、それを「信長公記」の作成過程をつうじて描いていたこともよかったです。
ただ、原作を読んでないので、原作とテレビ版がどう同じで、どう違うのを知らないのが残念ですが。

松本幸四郎さんの演技は番組をしめますね〜ところどころ、「王様のレストラン」の千石さんを思い出してしまいました。片瀬那奈の時代劇は、ちょっと違和感ありました。これまで現代劇しかみたことなかったんで。これも慣れなんでしょう。

中村梅雀の秀吉は“猿”かな?狸のほうがいいような・・・柄本秀吉の印象が当分は残りそうです。柄本秀吉だと、今回の秀吉はす〜っと入ったかもしれません。
「彼ならやりそうだ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信長の棺 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる