今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 感想:栗林中将衝撃の最期・文藝春秋2月号

<<   作成日時 : 2007/01/14 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

文藝春秋2月号に掲載されたノンフィクション作家・梯久美子さんの検証論文「栗林中将 衝撃の最期」を読んだ。
映画『硫黄島からの手紙』はまだ見ていないので、映画の中で栗林中将がどのように恵かがれているかはしらない(映画は来週までにみる予定)。ということで、映画の影響はあまりないという前提で、ご了承いただきたい。

栗林中将の「最期」は、一般には米軍相手に突撃を敢行し、戦死したとされる。
しかし、栗林中将は、ノイローゼ気味で作戦指揮はとれず、最期も米軍相手の突撃ではなく、部下に斬殺されたという説も主張されている。
この「栗林斬殺説」を検証したのが、梯さんの論文だ。これによると、

・「栗林斬殺説」は、堀江芳孝少佐の昭和36年の証言による
・堀江は、硫黄島に物資を運ぶ父島にいた陸軍参謀で、小元少佐からノイローゼの話を聞いた。
・ただ、小元少佐は、堀江氏は何か勘違いしているとこれを否定している。

しかし、その後も堀江氏は、平成元年に陸上自衛隊富士学校の講演で「栗林斬殺説」を披露している。その内容は、
・栗林中将は米軍に降伏交渉に行ったが、それを潔しとしない参謀から斬殺された。
・これは、米軍参謀本部の通信で聞いたものである
というものだ。
その後、元陸上幕僚長が堀江氏を問いただしたところ、
・中根参謀から「栗林兵団長が降伏言い出したんで斬った」という緊急電話をうけた
と答えたそうだ。

もちろん、米軍参謀本部の記録に「栗林の降伏交渉」の話はないし、当時硫黄島からは無線電信しか通信手段はなく、電話はなかった。
つまり、堀江証言は、二転三転したばかりか、信憑性もない、したがって「栗林斬殺説」は俗説である。

まぁ、おおよそこんな内容だった。
栗林中将と参謀たちは作戦指導面で対立したこともあり、そのあたりから堀江氏が俗説を唱えたかもしれないし、ヒーローをつくりたくなかった旧陸軍・陸自があえて俗説を容認する姿勢をとったとも思える。

しかし、ここで大事なことは、栗林中将にスポットがあたっている今、SAPIO10月号で大野氏が、そのスポットを消すような記事を掲載し、それに文藝春秋で梯氏がその反論を掲載する。そのスピーディな反論がとられたところだ。

とかく、誰かにスポットがあたると、それを消そうとする人はおおい。
だが、その消そうとする内容は正統な反論でなければならず、俗説をもとにいたずらに批判するだけでは故人の名誉を否定することになろう(栗林中将の場合、すでに歴史上の人物といえるが)。

ただ、すでに物故者の証言をベースにした話なだけに、他にも重要な証言もでてくるかもしれない。SAPIO4月号あたりで、大野氏側の再反論も期待したい。


↓よければ、クリックを!
にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「常に諸子の先頭に在り」栗林 忠道小笠原兵団長の再期について
私にとってこの栗林 忠道という御仁は、誰にとっても非常に尊敬できる人物だと言うことなのは確かである。歴史と言うものは・・・・数十年後・・・・もしかして100年後にその道の軍事研究家や歴史学者が新たなる歴史の事実を発見するのかも知れないが、私はこの「伝説... ...続きを見る
ひねもす ROKO BLOG
2007/01/14 19:05
「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官 栗林忠道」を読む!そして”衝撃の最期”の真相は如何に?! 
同僚から借りた「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官 栗林忠道」(新潮社 梯久美子著)を ...続きを見る
apple of the nariyuk...
2007/01/18 01:24
Buy ambien.
Ambien cr addiction. ...続きを見る
Ambien addiction.
2008/10/30 21:48
Ambien.
Ambien. ...続きを見る
Ambien.
2008/12/12 21:18
Lorazepam maximum dosing and propylene glycol.
Lorazepam information from drugs com. Lorazepam. ...続きを見る
Lorazepam liquid.
2009/02/11 05:04
Propecia side effects.
Tadalafil and proscar propecia success. Propecia result. ...続きを見る
Propecia pill.
2009/03/13 20:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
拙BLOGにご訪問ありがとうございます。
私の記事より完結で分かりやすいと思います^^;
実は、私は栗林 忠道氏の関連書籍4冊読んでいるので思い入れが激しいかも?!です(笑)
梯さんは、地元北大出身ですし・・・・
海軍はヒーローが多いですが・・・陸はそういえば聞かないですね〜何故か?

私は、札幌ですが九州は長崎(ハウステンボス)しか行った事がありません(^▽^;)
此方からも、TBさせて頂きますね♪また、遊びにいらして下さい。
今後とも宜しくお願いしたします。
roko
2007/01/14 19:04
rokoさん、コメントありがとうございます!

>陸はそういえば聞かないですね〜何故か?
陸は、やっぱり東京裁判で6人が処刑される(海軍は0)というレッテルがありますしね。しかも、陸のメインは、当然ですが大陸戦線ですが、日中戦争以後は、ハチャメチャですから。
札幌は、夏に避暑として、3回ほど遊びに行ったことがあります!
こちらこそこれからもよろしくお願いします!
今日感
2007/01/14 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
感想:栗林中将衝撃の最期・文藝春秋2月号 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる