今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「硫黄島からの手紙」

<<   作成日時 : 2007/02/05 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

だいぶ遅くなり、話の鮮度としては落ちているのですが、一応。

凄くバランスがとれている映画だと思いました。
どこがバランスがとれているかというと、

1.栗林中将を完全無欠の司令官と描いていない。

 ややもすると、栗林中将(渡辺謙)を完全無欠の司令官のように描いてしまいがちですが、そうではありませんでした。
 陸軍と海軍がお互いに情報のやりとりをせずに、日本軍は戦っていたのは今となっては歴史の事実ですが、それだけでなく、栗林は上級士官の心をまったくつかんでいませんでした。
どうも、これも事実のようですが、それを映画でもしっかり描いていました。

 戦いが始まる前の幕僚たちのとの対立や、戦闘がはじまっても幕僚たちとの連携がうまくいかず、「作戦の立てようがない」といらだつ栗林の姿は印象的でした。


2.アメリカ兵も戦時国際法違反をする

 ステレオタイプに、日本兵は戦時国際法をしらず敵の投稿はゆるさなかったが、米兵は知っているといわれます。
 しかし、そんなことはないだろう、とかねてから思っていました。
 米兵が投稿した清水(加瀬亮)を射殺するシーンをみて、日本=悪、アメリカ=善という図式ではなく、戦場の姿をリアルに描いています。 


3.西郷のからませかたが自然。

 西郷(二宮和也)のからませかたも自然だと思いました。
 「ん?君は見たことがあるな」
 という感じで、自然な出会いになっていました。2度あることは3度あるとか、西郷のような一兵卒と栗林の絡ませ方も違和感なくうけとめてしまいました。

もちろん、映画ですから、ツッコミたくなるところもあります。
たとえば、最後に、副官が米兵から打たれるのですが、どうしてその米兵は栗林のもとにいかなかったのか。それに、いつの間にか最後の突撃をかける前に、栗林が副官の支えなくして歩けなくなっていることなど。
でも、そういうのはなしで、とてもすぐれた映画だと思います。2時間30分近くの時間の長さをまったく感じませんでした。

↓よければ、クリックを!
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
硫黄島からの手紙
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/02/05 14:45
≪硫黄島からの手紙≫
父親たちの星条旗・硫黄島からの手紙公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ ...続きを見る
局の独り言。
2007/02/05 15:36
【映画】「硫黄島からの手紙 〜Letter From Iwo Jima〜」雑感
あえて、日本語タイトルと、英語タイトルを両方つけてみました。 前作「父親からの星条旗」を見たこともあり、早速見てきました。 ...続きを見る
つれづれなる・・・日記?
2007/02/05 21:20
映画「硫黄島からの手紙」
映画館にて「硫黄島からの手紙」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2007/02/06 00:12
「硫黄島からの手紙」祖国の為知略を尽して守り抜いた指揮官と2万の守兵
「硫黄島からの手紙」は「父親たちの星条旗」の日本側から描かれた作品で、1945年2月に硫黄島を舞台にした太平洋戦争の激戦を舞台にした映画である。今回は日本側からみた硫黄島という事で守る側の心理と難しさを描いていた。 ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2007/02/06 00:18
『硫黄島からの手紙』 (初鑑賞121本目・劇場)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 12月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8 にて 14:10 の回を鑑賞。{%airplane%} ...続きを見る
みはいる・BのB
2007/02/06 00:36
劇場鑑賞「硫黄島からの手紙」
「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました日米双方で約3万人もの戦死者を出した硫黄島戦を、日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクト第2弾。圧倒的不利な局面にありながら、米軍に立ち向かった日本兵たちの闘いを、指揮を執った栗... ...続きを見る
日々“是”精進!
2007/02/06 04:35
映画「硫黄島からの手紙」
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/02/09 01:08
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2007/02/14 20:17
『硫黄島からの手紙』
世界が忘れてはいけない島がある &nbsp; ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島に降り立った。 着任早々、栗原は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。 そ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2007/02/14 23:51
LETTERS FROM IWO JIMA
太平洋戦争終盤、硫黄島を舞台に繰り広げられた壮絶な戦いを日米双方の視点から描いた二部作の2作目、「硫黄島からの手紙」(邦題)を観て来た。 ...続きを見る
Leo!sm-CoCology-
2007/02/17 02:48
LETTERS FROM IWO JIMA
太平洋戦争終盤、硫黄島を舞台に繰り広げられた壮絶な戦いを日米双方の視点から描いた二部作の2作目、「硫黄島からの手紙」(邦題)を観て来た。 ...続きを見る
Leo!sm-CoCology-
2007/02/17 02:51
「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2007/02/21 22:59
『硫黄島からの手紙』
予告通り,元旦から映画の日ということで映画館へ。気になっていた「硫黄島からの手紙」鑑賞。-Story-太平洋戦争の末期、硫黄島では日米の戦闘が開始されようとしていた。その頃、新しい指揮官、栗林忠道が降り立った。戦死が名誉とされていた中、彼は兵士達に生きて国に... ...続きを見る
たーくん'sシネマカフェ
2007/04/01 00:05
硫黄島からの手紙
「父親たちの星条旗 」と同時期に作られ、同時期に公開された クリント・イーストウッド監督の作品。 DVDで鑑賞。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/06/16 03:37
Tramadol side effects.
Tramadol hydrochloride. ...続きを見る
Tramadol.
2008/04/02 06:15
Generic adderall.
Dextroamphetamine adderall comparison. Adderall dts. Adderall prescription. Adderall and migraines. Adderall. ...続きを見る
Adderall.
2008/10/19 09:42
【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!?
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2009/10/21 03:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「硫黄島からの手紙」 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる