今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史の選択「邪馬台国はどこか」

<<   作成日時 : 2007/03/14 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

邪馬台国はどこにあった、「九州」か「近畿」か。
「その時、歴史が動いた」の番外編のような番組ですが、もうちょっとツッコミというか、考察が足りないような気がしました。

近畿=魏の鏡をつかって「権威」で諸国を統治
九州=製鉄技術をつかった「武力」で諸国を統治

って、いかにも単純な図式にしているし、

近畿=箸墓古墳が、その後のヤマト王権につづく象徴
九州=吉野ヶ里遺跡が、魏志倭人伝の記述と符号

と、遺跡・古墳との関係も簡単に整理。

う〜ん、鏡は、日本でつくったもので必ずしも魏からもらったものではないとする説もあるし、吉野ヶ里遺跡などは、年代的に卑弥呼の時代より50〜100年前の遺跡とみる説もある。

ま、どちらにしろ、一長一短あるから、今でも論争が続いているのですが、単純な図式にしてほしくはなかったですね。
なにせ、謎中の謎ですから。

もちろん、私は九州説です。当然ですね、地元ですから。ただ、それだけです。

↓よければ、クリックを!
にほんブログ村 歴史ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
古代史ファン最大の関心事、邪馬台国の所在地(1)
九州説と畿内説が激しくぶつかり合う「邪馬台国の会 特別講演会」が5月13日、都内の早稲田大学国際会議場で開かれました。中国の史書「魏志倭人伝」によれば、3世紀前半の倭国は、約30の小国が邪馬台国を盟主とした政治連合体を結んでいました。邪馬台国の位置によって、当... ...続きを見る
日本の歴史@これがキーワード
2007/06/10 14:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと、物足りなかったですねえ。図式は簡単にしすぎてるし、第一回の意見聴取から二回目まで何の説明もないじゃん、て感じ。私は、大和も北九州もちがうと思うね。
水芭蕉
2007/05/27 08:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史の選択「邪馬台国はどこか」 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる