今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫(3月23日)

<<   作成日時 : 2008/03/23 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 29 / コメント 10

実の両親との対面と別れ。
「忠剛殿、お幸殿・・・・」

立場をそれぞれわきまえていても辛いですね。

父母の前では我慢できたことでも、尚五郎の前でついに号泣。
大久保正助の母がつくった鞠に涙です。
「姫サマとは身分が違います」と気丈に於一に一喝したことが思い出されます。

それにしても、それを体を動かすことなく表情だけで演じる宮崎あおいさんに毎回のことながら拍手!

父母との対面、尚五郎との対面で心が乱れた篤姫にさらに追い討ちが。
それは「身分の壁」

分家とはいえ島津家の家臣の娘が、島津本家の養女に、そして近衛家の養女へ。
「養女の養女」

いったい私は何なんだろう・・・

そう思えても仕方がありません。

そんな篤姫の元気を取り戻すのは、篤姫としての対面ではなく、於一としての対面。
忠剛の表情にうるっときてしまいました。
いい日本のお父さんやね〜
お幸も心から於一の身の上を案じながらも喜んでいる様子で。
忠敬には、「このおしゃべり男」とかつっこんでくれるともっと今和泉にもどったような気がしたのでそこは残念。
ただ、影が薄かった忠冬も、篤姫としての対面の場には呼ばれても、於一としての対面、家族水入らずの場にはよばれずちょっとかわいそう。

篤姫ではなく於一との対面を果たして病に倒れた忠剛。
それを知る由もない篤姫と、知られまいとする忠剛はじめ今和泉家の人々。

駕籠を見送り、「もう少し・・・」といい倒れる忠剛。すでに表情には死相が。

薩摩との別れ、実の父母との再会、そして別れ。
いってみれば、これまでの「情」との別れ。
そして、「役割」と向き合って一生生きることを誓う篤姫。

尚五郎、吉之助、正助
このうち、ある人物は、篤姫の婚礼道具の仕度係をしたことで今後も篤姫と対面する機会があると思うのですが、残りの2人はどうでしょう・・・

囲碁が好きな理由を忠教に語る篤姫ですが、なるほど!
と得心しました。もちろん、人を動かしたいという気持ちがあるから好きということではないのでしょうけど、これには膝を叩いて、なるほど!と思いました。

 ↓よければ、クリックを!

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(29件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「篤姫」第12話「さらば桜島」
篤姫出立の宴。久しぶりの懐かしい人たちの再会。これでまた当分出番ないのであろう久光も登場!!囲碁の話になって、いつもの「女の道は一本道」話をする篤姫。立派な受け答えが出来るようになりましたねぇ。斉彬も鼻高々♪&nbsp;そして久しぶりの今和泉の両親との再会。... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/03/23 22:34
篤姫〜第12話・さらば桜島
篤姫(宮崎あおい)は、久々の父母との再会で機嫌よく着物を選びます。絢爛豪華なお召し物がこれでもかと干されてますが、広川(板谷由夏)も追従笑いで付き添います。しかし、幾島(松坂慶子)は「もう決まっております」と不機嫌で、篤姫が「これは母上が好きな柄じゃ」など言おうものなら、「皆の前で、ゆめゆめ母上などと呼んではなりませぬ!」と釘をさします。(篤姫・第12話・さらば桜島の感想、以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2008/03/23 22:36
篤姫 第12回 薩摩を立つ日
内容江戸への旅立つ日が決まった篤姫そこで、家中の主だった面々を城に招き宴が開かれることに。その中には、実父・忠剛、実母・お幸、忠冬、忠敬。。。そして、、尚五郎も。だが皆、形式的なあいさつのみ。幾島から直前に注意されてはいても、ついに涙を。。。。数日後、... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2008/03/23 22:36
『篤姫』第12回「さらば桜島」
2008年『篤姫』第12回。。2万両≒5億円。17000km2ヶ月近く。薩摩藩が参勤交代に要した労苦。篤姫の江戸への出立の準備が始まる。つか、また篤姫は元に戻った?まぁ、実の両親に会えるんだから仕方ないか。。三男の忠敬まで呼ばれたのはドラマだから?主だった家臣総出... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2008/03/23 22:37
篤姫第12回「さらば桜島」
遂に篤姫が薩摩を離れることになりました。いきなり江戸へお嫁入りではなくていったん京都の他家へまたまた養女となってから将軍家へのお輿入れとなります。篤姫が薩摩を発つにあたって島津家にまつわる人々がお別れの挨拶にやってきます。尚五郎とは先週でお別れと思った... ...続きを見る
さくら色通信
2008/03/23 22:39
★篤姫の送別会〜・・「篤姫12」
今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ〜先週の篤姫は関西では視聴率トップでしたよ23%くらいだったかな。。?すごいですね大河ドラマ「篤姫」今日は江戸に旅立つ篤姫の送別会懐かしい顔がそろってわくわくだったけど。。もう。。昔のよう... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2008/03/23 22:52
篤姫#12
薩摩編は今回までということで、今回は薩摩を旅立つ所まで、という物語。今後もしばらくは薩摩も出てくるが、篤姫が今後薩摩の地にということはない。ということで、細かく分けると、今泉編とI丸城編に分けられる「薩摩編」はここまでということになりました。 物語は、薩.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2008/03/23 22:58
大河ドラマ「篤姫」#12
「さらば桜島」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2008/03/23 22:59
篤姫 第12話『さらば桜島』 感想
尚五郎(*´Д`)ハァハァアワーも今日でおしまい。淋しくなるわ〜! ...続きを見る
またつまらぬものを書いてしまった
2008/03/23 22:59
大河ドラマ 篤姫 第12回「さらば桜島」
さらば故郷桜島  さらば桜島と申しますか、さらば鹿児島、いえいえ、さらば故郷のさらば父母の、みなさ〜まさあ〜らあ〜ば〜ああ〜!これって今生の別れなんでしょうねえ。距離も遠いですけど、身分の隔たりが余りにも、余りにも〜〜〜。{%泣くwebry%} ...続きを見る
真田のよもやま話
2008/03/23 22:59
篤姫 12「さらば桜島」
いよいよ江戸に向け出立! ってことで篤姫(宮?あおい)が薩摩の人たちとの別れを惜しむお話だったのですが、…長いっ!! 会っては別れ、会っては別れ…。一体何回家族(尚五郎も)とお別れしなければならないのでしょうか。家族水入らずのところはウルウルきましたよ。.... ...続きを見る
はざまの欠片
2008/03/23 23:00
篤姫12 尚チャンは篤姫にとって都合のいい男?
「さらば桜島」って、前回の七夕再会に続き今日もスイーツ路線ですか? 薩摩の人々との別れを描く甘〜いお涙頂戴物語だと分かっていても、何となく観てしまうワタシですが。そう言えば最近すっかり甘党になってきて、美味しいぜんざい食べ歩きなどをしたりしてます・・・。 ... ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2008/03/23 23:11
篤姫・第12話
「篤姫」オリジナルサウンドトラックTVサントラ,吉俣良ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る ...続きを見る
ブルー・カフェ
2008/03/23 23:43
【篤姫レビュー】さらば桜島
物語の舞台はいよいよ京都、そして江戸へ今回は第一クール「薩摩編」を締め括るお話でした。とりあえず気になったのは真野響子と板谷由夏は今回で退場なのか!?という事。後は長門&涼風ペアの今後の出番も気になります。印象に残るシーンは篤姫と久光のやり取り。久光の腹に一物ありそうな言動と、それを見事にかわす篤姫のやり取りは今回の名シーンだと思いました。やっぱり、こういう緊迫シーンがあると見応えがあります。江戸編でも、沢山こういうシーンを見ることが出来たらなぁと思います。笑えたのが哲姫役の吉高さん。琉河の中で... ...続きを見る
必然的なヒストリー
2008/03/23 23:59
『篤姫』第12回
〜さらば桜島〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2008/03/24 00:11
篤姫 #12 さらば桜島
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)今回のお話はずっと涙が出て来て仕方が有りませんでした…… ... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2008/03/24 00:12
篤姫 第12回「さらば桜島」
今回がいよいよ、薩摩での篤姫最後となってしまいました。 ...続きを見る
あしたまにあ〜な
2008/03/24 00:37
篤姫 第12回「さらば桜島」
今回がいよいよ、薩摩での篤姫最後となってしまいました。 今まで前振りが長いかなぁと思っていたんですが、篤姫が鶴丸城に上がってからは疾風のごとく時が過ぎていってしまったよ... ...続きを見る
あしたまにあーな
2008/03/24 00:42
篤姫第12回「さらば桜島」
江戸に出立する前に篤姫(宮崎あおい)をお披露目するために薩摩藩の主だったものが集められた。斉彬(高橋英樹)の弟忠教(山口祐一郎)は篤姫と話し、囲碁を女性の人生にたとえた話から「兄上が養女に迎えた理由が分かった気がする」と篤姫の器量を察した様子。そして父忠剛(長塚京三)や母お幸(樋口可南子)と兄忠敬(岡田義徳)と再会というより対面。。。実の親兄弟といえども形式的な挨拶のみ。。。いくら当主の養女になったとはいえ一門でもあり実の家族にここまでしないといけないのでしょうか、疑問に感じました。 広... ...続きを見る
OUR DAYS 
2008/03/24 04:27
「篤姫」第12回
第十二回「さらば桜島」篤姫が江戸に向けて出立する日が近づき、お披露目のため主な家の者が城に集められた。篤姫と初対面の忠教は彼女とじっくり話し、人物の大きさに感服する。そんな折、篤姫は忠剛やお幸と久しぶりの対面を果たす。ところが幾島からは、実の父母でも家... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/03/24 06:02
篤姫 第12話
いよいよ篤姫の出立っ!その前のお披露目&宴が始まります。 ...続きを見る
一期一会の彩りを求めて・・・
2008/03/24 06:13
篤姫:第12回「さらば桜島」
一度だけ、鹿児島へ行き、桜島を見たことがあります。海に浮かぶその姿は雄雄しくも美 ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2008/03/24 07:27
NHK大河ドラマ篤姫 第12回「さらば桜島」
兎に角、元々姫様ではあったのだが、御台所にならねばと言う立場になるとは。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/03/24 09:31
篤姫の送別会!!
いよいよ篤姫の送別会ですね{/sayonara/} 実の父母の前ですら家臣に対する振る舞いと 同じくしなければならないのです。 篤姫にとっては何より辛かった筈です。 それと共に、養女に入った現実をこの日ほど 感じたことはなかったでしょうね{/hamster_6/} 流石に、肝付尚五郎の前では堪えきれません{/namida/}{/namida/}{/namida/} それを見ていた斉彬の粋な計らいで、今和泉 の家族と一時を過ごせたのが何よりでしたね。 実際はあり得ない事でしょうが?? 篤姫が、船上... ...続きを見る
函館 Glass Life
2008/03/24 10:32
篤姫 #12 さらば桜島
今週は、バイバイ薩摩・・・という事で、別れの1時間でした。 「タダタケどの、オコウどの」と、呼んではみたもののやっぱり最後は泣いてしまう於一(あえて)は、やはりまだまだ少女なのでしょう。 それでも最後には、篤姫としての気構えが出来ていました。一生薩摩には戻らなかったのですね。 しかし、最後の最後に身内だけ内密に呼んでく ...続きを見る
たっくんママのひとりごと
2008/03/24 21:33
「篤姫」第一二話
徳川に嫁ぐ姫としての旅立ちは 娘時代と青春時代との別れ。 第一二話『さらば桜島』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2008/03/24 21:34
第12回「さらば桜島」
2ヶ月もの時を要する、薩摩(今の鹿児島県東部,主に鹿児島市など)と江戸の間の移動時間…鹿児島藩・島津宗家は、この莫大な移動費をどうやって捻出していたのであろうか?参勤交代の縮図は、まさに力や石高のある藩を財務力で弱らせ、戦国時代のような価値を否定し、まさ... ...続きを見る
政の狼 〜TheWolfwantshis...
2008/03/24 22:26
大河ドラマ 「篤姫」 さらば桜島
いよいよ旅立ちの日・・・でしょうか。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2008/03/25 00:17
篤姫 第12回「さらば桜島」!
<今日までありがとうございました!>遅くなって申し訳ありません。ようやく再放送を観てのレビューとなりました。「これは、どうじゃ!」子ども達の間で、篤姫のものまねがブームになっています!「鼻毛は伸びておらんか?」おちゃめな忠剛殿です!「忠剛殿、お幸殿」親... ...続きを見る
バレルオーク
2008/03/30 01:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
薩摩編をしめくくる良い回でしたね〜♪
囲碁と将棋の話の部分はなるほどな〜と感心しました。
忠敬も斉彬も感心していましたね〜。
ミチ
2008/03/23 23:00
ミチさん、こんばんは!

篤姫のただならぬ才能を感じる場面でしたね。何気ないアドリブのような会話に魂がやどっていますw
今日感
2008/03/23 23:06
こんばんは!

囲碁のシーンは久光ならでは、という感じでしたね。それに対する篤姫の機転の良さといったら!
後々、正助が久光に対してどのように囲碁を語るのか楽しみです。
琉河岬
2008/03/23 23:54
琉河岬さん、こんばんは!

そうですね、囲碁といえば正助どんですからね。
正助も同じように「囲碁は将棋と違って・・・」といいだしたら・・・久光は正助を登用しないでしょうねw
今日感
2008/03/24 00:08
今回も泣けました…。
囲碁のシーン、あの切り返しはなかなか並みの姫ではないですよね。

若手随一の演技の上手い女優ですからね、彼女じゃないとここまで描けないでしょうね。
ヤス
2008/03/24 06:17
ヤスさん、こんにちは!

上手い切り替えしですよ。忠教絶句。

>若手随一の演技の上手い女優ですからね、彼女じゃないとここまで描けないでしょうね。

同感です!
今日感
2008/03/24 07:58
なんか、妙に今年は泣かされます・・・。
ryi
2008/03/25 00:08
今日感さん、こんばんは。

>「養女の養女」
いったい私は何なんだろう・・・
そう思えても仕方がありません。
「自らの意志」と言ってはみても、明らかに「道具として」利用されているのを感じた瞬間ですよね。両親との「切ない再会」の後、あっつーのモチベーションが「どん」と堕ちたのを感じましたよね。
なおみ
2008/03/25 01:07
ryi さん、こんにちは!

今年は確かに涙が多いですね。去年とは趣きが違います。
今日感
2008/03/26 19:28
なおみさん、こんにちは!

へこみますよね。実際いわれたら・・・(もちろん現代にはそんなシーンはあまりないけど)。
そこからモチベーションを立て直すのは難しいですが、そこは主人公のなせる業です。
今日感
2008/03/26 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
篤姫(3月23日) 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる