今日感

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫(8月10日)

<<   作成日時 : 2008/08/10 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 32 / コメント 9

天璋院VS直弼

天璋院も直弼には、ネチネチネチネチ。強烈なのは、「いまごろ隠居でもさせらている」の一言。

茶室で一騎打ち。

「この国を守りたいという一心にござりまする」
「己の役割を果たしたまで・・・」

「そこまでの覚悟であったかと・・・」

ここできたか「一方きいて沙汰するな」

いいですね。「役割」と「一方きいて沙汰するな」、直弼が敵視する薩摩できいた2つの言葉をうまくかみあわせてます。

天璋院と直弼が、相互理解にむかった瞬間。
ちゅうと半端な形で、あまり納得いかないシチュエーションならどうしようかと思いましたけど、この展開なら納得。
完全に和解というわけではなく、お互いの立場が少しわかりかけたという程度で、余韻を残しながらの「事件」

これまたすごい!!!
駕籠の中の直弼の表情で、描写する桜田門外の変。
血がついた手をみ、観念する直弼と、それを知らずに雛人形をみ、菓子をたべる大奥。
なんともいえないコントラスト、これほど鮮やかに描いた桜田門外の変を私は知りません。

わたしは満足です。

その直弼は皇女降嫁を画策。
嫁とりにはまだ早い!!!と一喝する天璋院。
なんで早いのか、セリフだけではまったくわかりません。
しかし、表情をみると・・・・やはりおかしいぞ!NHK(笑)
家茂も家茂でまんざらではない表情だし(笑)

う〜和宮がきたらどうなるだ!

万次郎あぶないぞ!!
ここまで8ヶ月。どんな登場人物も守りに守り通していたヒミツをついに暴露!!!
なんでここでいうのかい!!!

「そうでうか・・・すいちょられましたか・・・思い出というのは・・・」

あ〜あわれ帯刀(尚五郎)。
天璋院の心をまったく動揺させることもなく、完全に想い出の彼方、忘却の彼方へ。。

というか、勝海舟はジョン万次郎を出すためのお役ですね、今回は。

でも、小松さん。
忠義と忠教に、精忠組の動きを伝えるときも、自分で献策するわけでもなく、忠義と忠教に「・・・を考えてほしいのです」と主君に丸投げ。

う〜ん、まだまだだね、自分がどうしたい、というのがまだでてきません。
さぁ!大久保さんが大きく成長しつつある今。君も!!!
 
 ↓よければ、クリックを!

にほんブログ村 テレビブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(32件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「篤姫」第32回「桜田門外の変」
ええっと〜〜〜、まだいたんですか幾島・・・。あ、失礼、でもでも、だってほら、もう3週にもわたってお別れネタですよ、まるで引退興行を一年続けた某アントニオ様のような〜(汗)。{%うーん…(シクシク)hdeco%} ...続きを見る
真田のよもやま話
2008/08/10 20:53
大河ドラマ 「篤姫」 桜田門外の変
戒名を決めてまで政を行っていた井伊直弼。 それだけ強い意志で行っていたということでしょう。 その結果水戸藩・薩摩藩士に刺されることに。 ...続きを見る
雨ニモマケズ 風ニモマケズ
2008/08/10 20:55
篤姫#32
確かに、今回の物語には「桜田門外の変」が描かれているが、相変わらず各回のサブタイトルに誤りがある展開ですね。後半の重要人物・和宮が登場するまでのつなぎという感じで、そこまでにやっておかなければならないことを詰め込んだという感じでした。よって、今回は主眼が.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2008/08/10 20:57
篤姫 第32回「桜田門外の変」
先週で幾島さんとはお別れだと思ってましたが、今回が本当のお別れでした。(^^;; ...続きを見る
みはいる・BのB
2008/08/10 20:57
篤姫 第32話 『桜田門外の変』 感想
上様が亡くなってからテンションだだ滑りだったんですが、久々に面白かったわ〜! 井伊直弼と天璋院の腹の探り合いのような刺々しかった遣り取りが、茶の湯ひとつで少しずつ変化していく過程が実に面白い。 ...続きを見る
メガネ男子は別腹☆
2008/08/10 21:00
「篤姫」第32回
 第三十二回「桜田門外の変」天璋院は、ついに幾島との別れの日を迎えた。天璋院は別れのあいさつなどいらないと強がるものの、涙が止まらない。そのころ、幕府では蒸気船”咸臨丸”をアメリカに向け出航させる準備を進めていた。家茂と天璋院は、乗組員の勝と面会。一方... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/08/10 21:04
第32回「桜田門外の変」
井伊直弼は、安政7(1860)年3月3日…江戸城桜田門の前にて、水戸や薩摩鹿児島といった各藩出身の浪士らに襲われ、その46歳の生涯を閉じた。世に言う桜田門外の変の顛末だが、その事件が勃発する実に5年も前から自らの身の危険を察してのことだろうか、自らの戒名を自らの手... ...続きを見る
政の狼 〜TheWolfwantshis...
2008/08/10 21:15
大河ドラマ「篤姫」第32話「桜田門外の変」
いよいよ桜田門外の変!!最後までイヤなおじさんで終わってしまうのかと思いきや、今回は井伊のいいシーンが出てて、少しだけ和解した感じ。最後にほろりとさせてくれました(^^)しかしなんだかんだ言いつつ今回は色々なところで動きがありましたね〜。ついに今日は幾... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/08/10 21:17
篤姫 第32回 遅すぎた理解
『桜田門外の変』内容井伊直弼が行った弾圧。安政の大獄それは、幾島に別れの決断を確認させるに十分であった。そして幾島が大奥を去る日。天璋院『私は長い間そちが嫌いであった幾島『私もあなた様には、ほとほと手を焼きました幾島から、斉彬から預かっていたという薩摩... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2008/08/10 21:18
篤姫:第32回「桜田門外の変」
ご無沙汰しております。 久々に(?)、でも途中から見た『篤姫』。 美しい桜田門外 ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2008/08/10 21:22
篤姫 第32回「桜田門外の変」
今日は、人の運命について考えさせられる内容となりました。3つの時代の流れが大きく方向転換する、今後の展開にとってすごく重要な話がありました。 まず始めは幾島との別れ。後の2... ...続きを見る
あしたまにあーな
2008/08/10 21:25
篤姫 第32回「桜田門外の変」!
<“誠忠士の面々へ”!>「私は長い間そちが嫌いであった」「私も貴方様にはほとほと手を焼きました」気心の知れた天璋院様と幾島らしい最後のかけあいでした。「私は手がかかるぞ」天璋院様は重野というよい家来を得たようです。良い家来に恵まれるのは、父・斉彬譲りで... ...続きを見る
バレルオーク日記
2008/08/10 21:35
篤姫・第32話
『さらば大老!』(※ikasama4さんより募金) ...続きを見る
ブルー・カフェ
2008/08/10 21:39
『篤姫』第32回
&nbsp;〜桜田門外の変〜 &nbsp; &nbsp; &nbsp; ...続きを見る
悠雅的生活
2008/08/10 21:42
篤姫第32回「桜田門外の変」
安政の大獄が出たと思ったらもう桜門外の変。しかも来週の予告ではもう和宮が登場します。折り返し地点に来てなんだか展開が速いですね〜。さて、幾島の件は先週の涙涙のシーンで終了したのかと思いましたが、まだ江戸城を去ってはいなかったのですね、今日は幾島が出て行... ...続きを見る
さくら色通信
2008/08/10 21:55
【篤姫】第三十二回
公方様は彼の者が点てた茶を飲まれたことはありますか。これから手を携え、解り合えたかも知れないのに・・・安政七年三月三日、大奥で花の祭りが行われていた時、大老・井伊直弼は桜田門の前で、水戸の浪士に襲われ殺害された。首を上げたのは、薩摩の者だった、と滝山は... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2008/08/10 22:02
篤姫 第32回 「桜田門外の変」 感想
安政七年(1860年)3月3日、ついにその時がやってきました!雪が静かに降る中、 ...続きを見る
くまっこの部屋
2008/08/10 22:03
篤姫〜第32回・桜田門外の変
篤姫ですが、幾島(松坂慶子)が正式に大奥を去ることになります。幾島は、天璋院(宮崎あおい)に桜島の絵を描いた掛け軸を渡します。これは斉彬からの贈り物ですが、幾島や薩摩の思い出となります。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2008/08/10 22:10
「篤姫」第三二話
新たな出会いと再会。 心のわだかまりが少し解け・・・別れが訪れる。 第三二話『桜田門外の変』 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2008/08/10 22:12
篤姫「桜田門外の変」
篤姫「桜田門外の変」 ...続きを見る
ありがとう!、あてつけじゃないよ。
2008/08/10 22:14
【篤姫レビュー】桜田門外の変
日本史史上、有名な部類に入るであろう桜田門外の変がメインであった今回。『歴史イベント』がサブタイトルになるのも久々な気がします。序盤、前回で出番終了だと思っていた幾島が今度こそ江戸城から退去。松坂慶子、退場の仕方が歯切れが悪いというか、中途半端というか・・・。先週で退場していた方が『境目』がクッキリしていて良かったのですが。何も「幾島退場イベント」を「桜田門外の変」「勝海舟初お披露目」の回と抱き合わせにしなくても・・・。こうして3週にかけて引っ張った幾島退場劇は尻すぼみな形で幕を閉じました。入れ... ...続きを見る
必然的なヒストリー
2008/08/10 22:41
大河ドラマ「篤姫」 第32回「桜田門外の変」
まずは、幾島との別れのシーンから。 先週、さらば、といっておきながらも、まだまだ未練たっぷりなところが 幾島らしいですね。 ...続きを見る
風のうわさ
2008/08/10 22:43
大河ドラマ「篤姫」#32
「桜田門外の変」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2008/08/10 23:04
NHK大河ドラマ第32回「篤姫(桜田門外の変)」
桜田門外の変は起こるべくして起ったと言えよう。 あの薩摩にして番組において下級武士が決起する中、藩主久光からの下し置きで騒ぎが納まる程に主従の絆が揺ぎ無い時代に、水戸家に対する仕打ちを怒らぬ家臣が居よう筈も無い。 その時代を生きている直弼にそれが分らぬ道理は無い。 しかし、天から与えられた使命として断行せざるを得ないと信じた直弼も若かったのかも知れない。 天道はゆるやかに動き、動かそうとしても時が来るまで動かない事を待てなかったようだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/08/10 23:09
篤姫 #32 桜田門外の変
大河ドラマの 『篤姫』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)冒頭で幾島が去り、寂しくなるなぁと思ったのも束の間、薩摩の... ...続きを見る
ビヨビヨ素材日記
2008/08/11 00:03
大河ドラマ:篤姫第32話「桜田門外の変」
とても見応えのある回でしたね。これまでに放送された篤姫の中でも間違いなく上位に来る出来です。話の持って行き方といい、緩急のつけ方といい、江戸・薩摩の両方が立つ作りといい、今回はべた褒めな感じですよ(笑)家定様亡き後、些か心配でもありましたが、心配する必要... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2008/08/11 01:06
「篤姫」32話
「桜田門外の変」 ...続きを見る
ice-coffee
2008/08/11 09:50
桜田門外の変!!
ついに幾島との別れの日が来ましたね{/sayonara/} 以前、幾島については紹介した事がありますので→こちら 『私は長い間そちが嫌いであった』と天璋院。 『私もあなた様にはほとほと手を焼きました』と幾島。 長い間苦楽を共にした二人らしい別れの言葉ですね。 ...続きを見る
函館 Glass Life
2008/08/11 10:14
一期一会(篤姫・32話)
幾島が、大奥を去る。 (前回の副題が「さらば幾島」だったし、今回が正式なお別れとは思ってなかったので、幾島の退出後、一瞬、今回はもう終わり?なんて、錯覚してしまったり・汗) ...続きを見る
朝凪、夕凪
2008/08/11 20:30
『篤姫』第32回「桜田門外の変」
殺されるべくして殺される井伊直弼。。幾島が大奥を去る日。それに際して「長い間、そなたが嫌いであった」と。。幾島は斉彬から預かったという鹿児島の絵の掛け軸を篤姫に。そして代わって重野が。井伊大老による安政の大獄。。幕府の維新をかけて。。しかし、人身を捉ま... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2008/08/11 21:20
篤姫「桜田門外の変」
 「相棒」ファン様にしか分からないことだと思うのですが、この「桜田門外の変」と聞くと、「桜田門内の変」を連想してしまう・・・困ったものです。 ...続きを見る
森の中の一本の木
2008/08/12 17:56
篤姫 第32話
今回は見所沢山でした&hellip;花火大会だったので携帯鑑賞でしたけど&hellip; ...続きを見る
一期一会の彩りを求めて・・・
2008/08/12 20:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
明るい大奥と、暗い篭。
白い雪と赤い血。
などなどコントラストがはっきりしていましたね。
ryi
2008/08/10 20:53
こんばんは〜。
自分の役割を果たせ、一方聞いて沙汰すんな、
今にして想うあり難き母の教えですねええ〜。
真田
2008/08/10 20:55
>ryiさん、こんばんは!

にくい演出でした。ヒール・直弼の最期をかざるのに文句なしです。
今日感
2008/08/10 21:00
>真田さん、こんばんは!

ありがたい母上の話です。しっかりそれをドラマの節々に生かしてくれる脚本もありがたい!
今日感
2008/08/10 21:01
今回の桜田門外の変の描き方は素晴らしかったですね。
その前の篤姫とナオスケの一騎打ちもよかったですし。
久々に見て、やはり視聴率をとれるの分かるわ〜と思いました。
ヒロ子
2008/08/10 21:29
>ヒロ子さん、こんばんは!

裏でオリンピックやっていますからね。NHKとはいえ意識しているところもあるかもしれません(笑)
桜田門外の変に、血なまぐささを感じさせないという見事な演出です。
今日感
2008/08/10 21:31
天璋院と直弼の対面には思わず引き込まれてしまいました。

そして桜田門外の変。。。。。

>なんともいえないコントラスト、これほど鮮やかに描いた桜田門外の変を私は知りません。

同感です。私も大変満足させて頂きました。

私の最初の大河が実は『勝海舟』だったのですが、
その当時は彼の日記に天璋院のことが書かれていることを知らなかったですが、今回のような対面がきっとあったんでしょうね。

これからも、益々楽しみです。
ひろ
2008/08/10 22:55
>ひろさん、こんばんは!

みせますよね、NHK。
勝海舟も登場し、いよいよ本格的に激動・混迷の幕末に突入ですね。
今日感
2008/08/10 23:05
本当に桜田門外の変シーンは素晴らしかったです。NHK…こんな映画のような撮影・演出できるんですね。
ヤス
2008/08/12 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
篤姫(8月10日) 今日感/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる