巧妙が辻・初回

いわゆる出会い編ってやつかな?
脚本家は違うんだけど、「利家とまつ」の初回と展開は似ていると思った人は多いのでは?

硬い絆で結ばれる2人の間柄はやはり“運命的”なものに・・・という局側の要請だろうか。
舘ひろしはやっぱり渡哲也を意識しているのかな?メイクというかたたずまいもそうなのだが、見ているほうも渡哲也と比較しちゃうし。
でも、いまは年齢的にはすごく無理がある時期(渡信長も最初はきつかった)なので、今後「年相応」の信長になるとハマッテくるのかな?

千代の子役の永井杏ちゃんの演技はフィットしていた。妙に都会っぽく?ということもなく、いかにも半農半士の田舎武士の娘という感じがよくでていた。
確か、「女王の教室」にも出ていたと思う。途中で主人公を裏切り、また途中で主人公の味方になる複雑な役どころだったけど上手くこなしていた。
予告編をみると、来週からは仲間千代にかわるので、次週限り。最後の方で別役で登場してくれないだろうか、期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック