功名が辻(8月20日)

「美」と「醜」という回でしょうか。

康豊が時局を冷静にみて、献策することを疎ましく思う一豊。
せっかく、城持ちになってからここ数回、大名らしいことを言うようになったと思ったら、「そちの指図はうけない」だの「わしわし」的な発言がまためだつように。
おそらく、大河史上もっとも器の小さい主役(級)の一豊に逆戻り。

康豊も康豊で、秀次の前で「イ草」振興を献策し、一豊の気を逆なでに。

こんな兄弟の「醜」を法秀尼が諫め、さとす「美しい」母心。
お互いがお互いのよさをみとめ、山内家をもりたてる・・・いたって当たり前のことですが、それができないのが戦国の世。

戦国の兄弟は両雄並び立たずで一方が一方を誅殺するか、弟(庶子)は兄の家臣として忠実に使えるかどっちか。
冒頭で信長・信行(信勝)と、秀吉・秀長兄弟を描いていたがまさにそのとおり。
ナレーションの「聡明な弟」というのには???だったけど、要は弟は反対派の旗頭になりやすいということ、だから排除。
前者の例は、ほかにも、伊達政宗と小次郎、最上義光と義時
後者の例は、武田信玄と信繁、島津義久と義弘
というところでしょうか。

山内家の場合は、康豊のポジションが劇中でまだ確立されていないから、よくわかりません。正直。ただ、今回の法秀尼の遺言で、後者の道を歩むのでしょう。

こんな前半に対して後半は「醜」一色。もちろん秀吉と茶々。
茶々をものにする秀吉と、その秀吉に心底あがなう茶々。
画面上は秀吉の「醜」と茶々の「美」のコントラストですが、茶々にも復讐という鬼心が。
秀吉が茶々にいいよるシーンは、正直「あ~気持ち悪い」

門前の捨て子を法秀尼の導きとして拾う千代。
数奇な運命をたどるとは・・・この子はいったい誰?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月20日 21:25
秀吉の気持ち悪さがすごくうまく描かれていたような気がします。
ぱるぷんて海の家
2006年08月20日 21:40
いつもどもです
秀吉よかったです。上手い演技に見とれてしまいました。
アノ捨て子だれなんでしょう。秀吉も捨てたと聞いたような気もするのですが。
琉河岬
2006年08月20日 21:41
こんばんは!先週はコメントが出来なくて申し訳ありませんでした。

>数奇な運命をたどるとは・・・この子はいったい誰?
本当に誰なんでしょうか?(笑)原作を読んでいないのでわかりませんが、実在の人物なんでしょうか。

それにしても秀吉が段々と色ボケジジイになっていく様は何とも・・・。
2006年08月20日 21:49
ryiさん
ぱるぷんて海の家さん
琉河岬さん      こんばんわ。

柄本・秀吉は「欲丸出し」「色化け」と怪演ですね。
秀吉と茶々の間にうまれた子は、「鶴松丸」と「お拾」の2人ですが、お拾(後の秀頼)のときは、一回捨て子にしていから拾いにいったとそうで(そのほうがよく育つとかで)。
今回のこども・・・本当に誰なんでしょうか。
あむろ
2006年08月20日 22:17
こんばんは♪
「お拾」って言ったら…秀頼ですよね。
どうしてあの赤ちゃんが「お拾い」と名付けられるんだろう?と思いましたが…。
誰なんでしょう!?
2006年08月20日 22:25
あむろさん、こんばんわ。

「数奇な運命をたどる・・・」っていうナレーションまででてきたくらいですから、それなりの役割を果たしてくれなきゃこまりますよね。
本当にいったい誰なんでしょうね。
まゆまゆ
2006年08月20日 22:29
こんばんは。TBありがとうございます。
茶々にせまる秀吉はわたしも「うわぁ……」と思ってげんなりでした。
柄本さん、本当に演技がお上手です。。
2006年08月20日 22:41
まゆまゆさん、こんばんわ。

柄本秀吉は本当に怪演なんですけど、今日のは「NHK大河」にはふさわしくなかったですね。いちおう、ご家族で見てるかたや、お茶の間でお年寄りからこどもまでみてるひともいるでしょうから。
おりょう
2006年08月20日 23:44
こんにちは
先週から何回も挑戦しているのですが TBが飛びません。(T_T) コメントのみで失礼します。
あの男のこは 名前は忘れましたが(それじゃあ、役に立たないじゃん!、ハイすみませんm(__)m )大きくなって千代が僧にさせた子だと思います。
2006年08月21日 00:05
おりょうさん、こんばんわ。

こども情報ありがとうございます。千代が僧にさせた子なんですね。ドラマ的にどう絡んでいくんでしょうか。楽しみにしたいですね。
てれどん2号
2006年08月21日 03:35
僕も秀吉の接近に、あ、あ、イヤ~~~!!って感じでした(笑)気持ち悪いのは顔良くないからお互い様ですが(笑)
2006年08月21日 07:40
てれどん2号さん、コメントありがとうございます。

秀吉の顔の接近はメイクもプラスして不気味さ満点でしたね。放送コードぎりぎりのところではないでしょうか。
ミチ
2006年08月21日 08:38
こんにちは♪
一豊と康豊、二人ともイイオトコではあるけれど(笑)、性格といい資質といい対照的ですね~。
いつの時代も兄弟はライバルでもありますが、今後は康豊は兄を上手くサポートする役に徹していくのでしょうね。
2006年08月21日 20:46
ミチさん、こんにちわ。
秀次事件や関が原など山内家が政治面で危機にたたされることもでてきますから、そんなときは康豊のサポートがいるでしょうね。
さすがに、戦場や修羅場に千代はいないでしょうから。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻33「茶々Vs三成Vs乱入秀吉!妖しい関係?」

    Excerpt: 駒大苫小牧-早稲田実業の決勝戦に感動してたら、もう少しで功名が辻観るの忘れるところでした。真のスポーツは感動させてくれます。筋書きがないから面白い。作られた感動はもう飽きましたね。 ドラマは感動.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-08-20 21:23
  • 大河ドラマ 「巧名が辻」 母の遺言

    Excerpt: 秀吉の天下統一が目前に迫ってきました。 そんなときに山内家は・・・ Weblog: 雨ニモマケズ 風ニモマケズ racked: 2006-08-20 21:23
  • 功名が辻:第33回「母の遺言」

    Excerpt: お盆休み、一回飛ばしてしまった間に、妹と母を人質に出して家康殿を落としたらしい秀 Weblog: 食う♪読む♪歩く♪ racked: 2006-08-20 21:29
  • 大河ドラマ 功名が辻・第33回「母の遺言」

    Excerpt: いつもながら実に親切なオープニングナレーションですこと。 兄弟で殺しあった信長様、兄弟仲よい秀吉様、さてさて我らが山内兄弟は如何に~。 Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2006-08-20 21:45
  • 「功名が辻」第三十三回

    Excerpt: まず。ごめんなさいを。先週の放送の記事、帰省中の日曜日だったこと、ドラマは見たのですが、帰宅したのが木曜日だったのでそのまま割愛させてもらいます。記事目当てで当方へ来て頂いたら申し訳ないです。今日は.. Weblog: カクテルライト(Cocktail-light) racked: 2006-08-20 21:47
  • 功名が辻 第33回「母の遺言」

    Excerpt: 「お互いの異なる気性を尊びあいなさい。   意見が違うというのは実は素晴らしいことなのです。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2006-08-20 22:14
  • 『功名が辻』 第33回 「母の遺言」

    Excerpt: 偉大なお母さまでした。 Weblog: なんでもreview racked: 2006-08-20 22:18
  • 功名が辻 第33話

    Excerpt: 今まで山内家を支えた自負がある一豊。 留守居役がちょっと不満な様子。 自分は槍働きしかできない。 三成のように知恵働きも得意ではない。 それはこれからも。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2006-08-20 22:23
  • 功名が辻 第33回

    Excerpt: 第33回「母の遺言」 前半と後半でガラリと違う回でした。 前半は「山内家のお話」。 兄・一豊と全く性格の違う弟・康豊。 秀次付きとなったため、秀吉の九州攻めから外れ、留守番を命じられたことが気に食わ.. Weblog: まゆまゆの缶詰 racked: 2006-08-20 22:29
  • 功名が辻(8月20日)

    Excerpt: またひとつ、辛い別れがありました。 一豊の母の死です{/namida/} 最期まで、一豊と康豊の仲を心配し、2人のことを千代に頼んで、亡くなりました。 兄弟・姉妹と言うのは、遠慮がないですからねぇ・.. Weblog: えんため日記 racked: 2006-08-20 22:54
  • 功名が辻~秀吉と茶々!

    Excerpt: 功名が辻ですが、今回、山内一豊の母親の死、秀吉バテレン弾圧による細川家大ピンチ、そして秀吉と茶々と盛りだくさんでした。このドラマは、同時に3,4個のドラマを見ているような充実感がある気がします。 .. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-08-20 23:03
  • 功名が辻*母の遺言

    Excerpt: 今回はとうとう、一豊・千代にとっての母上、法秀尼の最期の回でした。 考えてみれ Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-08-20 23:17
  • 功名が辻第33回「母の遺言」

    Excerpt: 今回は一豊の母上、法秀尼が亡くなるお話がメインでした。一豊は秀吉から九州攻めのお誘いがなかったことでまたまたやさぐれモードに入っていました。そういうところを弟・康豊にたしなめられるような言い方をされ兄.. Weblog: さくら色通信 racked: 2006-08-20 23:24
  • 功名が辻 第33話 2つの番組?

    Excerpt: このところ、この番組は『前後半』に別れていることが多く今回もそのような話。前半内容そりが合わない山内兄弟。九州に行けなかったことを残念がる一豊。今は、秀次をもり立てるときと言う康豊。だが、2人の仲違い.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2006-08-20 23:37
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 違う個性を尊重するということ

    Excerpt: 録画ビデオで鑑賞後、記事を更新いたしました。更新前からのTB・コメント誠にありがとうございます。追ってTB・コメント返しさせていただきたいと思います Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ  racked: 2006-08-21 01:15
  • 「功名が辻」第三十三回

    Excerpt: 第三十三回「母の遺言」秀吉は九州攻めに自ら兵を率いて出陣、秀次は留守居役を命じられ、宿老である一豊たちも大坂に残ることになった。槍働きができず、いらつく一豊は、些細なことで弟の康豊と衝突を繰り返す。見.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2006-08-21 04:24
  • 功名が辻 第33話

    Excerpt: お互いの異なる性分を尊びなされよ。考えが違うということは実は素晴らしいことなので す。山内家が誤った道を歩まぬよう互いの意見を戦わせよ。互いに学びあうことを忘れて はなりませぬ。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-08-21 17:20
  • 「功名が辻」三十三回

    Excerpt: 今回は「法秀尼様、ご逝去」と、「お茶々様、遂に秀吉の愛人となる」。 の二本立て仕様な大河ドラマでした。 Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-08-22 18:18
  • 功名が辻

    Excerpt: 第三十三回「母の遺言」 島津家、毛利家、豊臣家、この他に… 兄弟仲良かった戦国武将って、いましたか? 誰かいたら教えて! Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-08-22 19:49
  • 功名が辻第三十三回「母の遺言」~んんん切実だーーーーーー!!!~

    Excerpt: 今回は切実でした・・・・ Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-08-23 00:33
  • 第33回「母の遺言」/功名が辻

    Excerpt: 秀吉(柄本明)は九州攻めに自ら兵を率いて出陣、秀次(成宮寛貴)は留守居役を命じられ、宿老である一豊(上川隆也)たちも大坂に残ることになった。槍働きができず、いらつく一豊は、些細なことで弟の康豊(玉木.. Weblog: 「人生のテーマソング」 racked: 2006-08-26 14:05
  • black jack casino game

    Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。 Weblog: black jack casino game racked: 2006-09-12 12:20