戦争責任#1 「検証 戦争責任Ⅰ」をベースに考える

読売新聞社がだした「検証 戦争責任Ⅰ」を買った。自虐史観でも、皇国・聖戦史観でもなく、あの戦争を問い直さすことは必要だ。

私の母は、北支山東省済南の生まれだ。山東省は、満州国ではなく、中華民国領であったが、日本軍が進駐していた。祖父は、華北交通という南満州鉄道(満鉄)のグループ会社の鉄道技師として済南に住んでいて、そこで母が生まれた。
母が、4歳のときに終戦になり、翌年2月に済南から青島へ行き、そこから海路、日本へ引き揚げてきた。
この間の話を、私は、祖母から、何度も何度も、8月15日が来るたびに、言い聞かせられてきた。それだけに、あの戦争というもの、特に中国における戦争は他人ごとではなかった。

今の時点で私の考え方を整理すると、

1 1941年にはじまった太平洋戦争は、自衛戦争であったと考えるが、1931年の満州事変にはじまる対中戦争は侵略戦争であった。

2 朝鮮半島との関係は、併合条約によるもの、また植民地支配は当時の国際法・国際秩序として違法行為ではなかったことから侵略ではない。

3 東條英機は、太平洋戦争がほぼ不可避の段階で近衛文麿が政権をなげだしたため、引き受けざるを得なかった。彼の責任云々を問うのはいささか酷であるばかりか、責任問題の本質ではない。

4 東京裁判で処刑された7人のうち、6人が陸軍であったことから、戦後、陸軍=悪、さらにA級戦犯=悪 で片付けようとした風潮があった。それが歴史の事実から目をそむけようとした一因になっている。

5 関東軍が暴走し、泥沼化したのは事実だが、それを許した者、あるいはそれを良しとした者、いわば共謀共同正犯的なものがいたのではないか。

雑な感じでいけば、こんなところだ。
読売新聞社が今回、緻密な調査を社をかけておこなっている。
本を読みながら、自分なりに考えていきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月18日 19:50
今この時代に振り返ることは大切だと思います。
安倍官房長官もいろいろ言っているようですし。
本屋に行って買ってみたいと思います。
2006年09月18日 20:05
ryiさん、いつもありがとうございます。

この本を買ったのは、昨日のサンデープロジェクトをみていて、ある40代のゲストが「戦争の総括って言っても、前の世代がしなかったのを、われわれに言われても困ります(そんなことはしたくない、という空気で)」といったのを見てて、「そんな話じゃないだろう」と思ったからです。
本を読み、自分なりに考えながら、書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック