篤姫(2月17日)

自らの存在を於一の人生から消すために、自害した菊本。
忠節は天晴れなのですが、せつな過ぎます。

尚五郎も切ない。
菊本のことを忘れろと、於一に言いますが、そのコトバのひとつひとつは明らかに自分と重ねています。
もちろんそんなことは於一は知るよしもないのですけど。

本日の題名は「父の涙」
その父・忠剛。
菊本の真意をはかり、あえて罪人のような処置をすることで、菊本の存在を今和泉家からも
消そうとする。
尚五郎には、最後に於一と囲碁をうつことを勧める。
そして、自分はタヌキ寝入り。

於一を送り出した後に、一人涙。
世の娘をもつ父親のみなさんは、いかようにごらんになったのでしょうか。

おまもりを交換した於一と尚五郎。
於一の天真爛漫の笑みと、尚五郎の感情を押し殺し、於一のためを思う表情。
なんともいえないアンバランスが。
最後の囲碁で、かたづける2人の手と手、よもやここで手と手がふれて号泣するのではないかと心配してしまいましたが、そんなベタベタな展開にはならず一安心。

しっかり、一線をわきまえた脚本に好感が持てます。

輿にのって鶴丸城へ、おまもりをかざす尚五郎と於一。
行列が見えなくなると、号泣した尚五郎。
こらえていたものがあふれ出ます。

城入りした於一をまつのは、時代の荒波。
黒船来航を控え、阿部正弘、島津斉彬に加えて、徳川斉昭が登場。
「溜の間」という言葉もさりげなく登場、「溜の間」は字幕解説でもでるのかと思っていましたが、さらりと流しましたね。
ま、そこは主題ではないですしw

 ↓よければ、クリックを!

にほんブログ村 テレビブログへ

"篤姫(2月17日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント