テーマ:わたしたちの教科書

わたしたちの教科書(6月28日)

「しんじゃダメだよ、生きなきゃダメだよ」 このドラマのメッセージはこれです。朋美 (谷村美月) の“身代わり”になっても、決して逃げなかった明日香(志田未来)。 事故死とは・・・ 珠子(菅野美穂)は真実をつかんだ。教師たちも、イジメと向き合うことは辛いし、厳しいとはわかりながらも…
トラックバック:21
コメント:5

続きを読むread more

わたしたちの教科書(6月21日)

ついに雨木副校長(風吹ジュン)との対決。明日香(志田未来)を好きな生徒だったといいつつ、その二面性を指摘するしたたかな雨木の前に、珠子(菅野美穂)も、先週ダークサイドから抜け出した加地(伊藤淳史)も歯が立たない。 明日香-雨木-兼良  うかびあがるなぞのライン 「手紙」を一生懸命さがす兼良。クラスで自分のことを話してくれとい…
トラックバック:25
コメント:2

続きを読むread more

わたしたちの教科書(6月14日)

熊沢(佐藤二朗)の涙ながらの証言に感動をおぼえたのもつかの間、さっそく痛い新・キャラ登場ですね。 兼良の母、痛すぎます。過保護で、なにもわかっていない・・・ 兼良・・・加害者が被害者の振りをするとは。 「死人に口なし」を15歳で実践する男。 珠子(菅野美穂)のいうように、親が法廷にたたせようとしているのか、それとも兼良自…
トラックバック:28
コメント:2

続きを読むread more

わたしたちの教科書(6月7日)

「あることをどうしてあるといえないのですか?」 とても、ストレートな問いかけなのですが、なぜか心に響くものがありました。珠子(菅野美穂)の演技もさることながら、脚本がいいです。 変な奇策・奇手ではなく、さいごは直球勝負できました。 ジョーカーは、熊沢(佐藤二朗)。法廷で、戸板(大倉孝二)がみんなにわかるように珠子につげたところ…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(5月31日)

加地(伊藤淳史)・・・・もうめちゃくちゃだな。イジメはなかった、と断言するは、死んだ明日香(志田未来)の家庭環境をことこまかに説明し、珠子(菅野美穂)に責任があったと断言するは。 もちろん、瀬里(谷原章介)の入れ知恵なんだけど・・・ でも、加地に家庭環境の問題を判断できるほど、つきあいはなかったでしょう。みていて、ますます加…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(5月25日)

とうとう、珠子(菅野美穂)は、訴状を提出し、法廷へ! 裏切り者・加地(伊藤淳史)にかわり、学校を放逐された戸板(大倉孝二)の協力で、三澤(市川実加子)の指導記録を入手、イジメの事実を副校長(風吹ジュン)も認識していたこともつかむのですが・・・・ そして、明日香(志田未来)をいじめていた首謀者が兼良(冨浦智嗣)ということもつかむ。 …
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(5月17日)

あっさりクライサー法律事務所を解雇され、婚約話もなかったことに。 珠子が転落の一途とすると、逆に上昇気流に乗ってきたのが、信念のない男・加地(伊藤淳史)を筆頭の喜里丘中学校の教師の面々。 あんなにギスギスしていた職員室が嘘のよう。 加地は、大城(真木よう子)に対して、「電車男」みたいな口調になっているし。 なんだか、ほんわか…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(5月10日)

学校で完全に孤立する加地(伊藤淳史)、露骨なイジメだな。 しかし、ぶっ倒れた加地のもとに、ロッカー番号をのこす人がいるということは、教員の中に加地にシンパシーを感じている人がいるということ。 だれ? 答えは簡単ですね、副校長(風吹ジュン)の見事な策略ですね。 ど~ん、と突き落として、パッと救いの手を差し伸べる。その手腕には、…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(5月3日)

「まずいでしすよ、女性がいる店じゃないですか」 「男がいたらこまるよ」 いいですね、こういう会話(笑) しかし、教師が帰りがけに寄るようなテリトリーの範囲でバイトするとは、大胆です。 若年性痴呆になっていた謙太郎(河原雅彦) なんかジーンときちゃいましたね。 珠子(菅野美穂)をただ単に捨てたわけではなく、病気のことを知ら…
トラックバック:32
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(4月26日)

「あんた、バカ~?」(藍沢明日香(志田未来)じゃなく、惣流アスカ風、古い!) 加地(伊藤淳史)にこう言いたくなった。 学校でおきたことは、学校で解決?人が死んでいるのに?副校長(風吹 ジュン)の言うことを鵜呑みにして、何も疑問をもたずに、珠子(菅野美穂)にそのまま伝言。 加地という人間がよくわかりません。 自分の意見がな…
トラックバック:36
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(4月19日)

明日香(志田未来)は、珠子(菅野美穂)の実子ではなかったんですね。 年齢からみると、16歳のときに明日香を産んで、そのときに副校長(風吹ジュン)と何かのかかわりがあったような気がしたんですが、まったく予想が外れました。 小学生の明日香の作文と回想。 ちょっとジーンときましたね。 愛されたい、と思う明日香。「ありがとう、珠子さ…
トラックバック:33
コメント:0

続きを読むread more

わたしたちの教科書(4月12日)

藍沢明日香(志田未来)が加地(伊藤淳史)にどっぱなにぶつけた質問。 「世界をかえることができますか?」 答えられなかった・・・見ながら、自分だったらどう答えるだろうか、って考えながら見ていたけど、ダメだった。 「嘘をついちゃダメ」「人のものをとっちゃダメ」・・・・幼稚園のときに教えられたことだけど、どうしてオトナはそれをするの…
トラックバック:38
コメント:6

続きを読むread more