テーマ:独り言

都内の静謐

先週の土曜日に、母校である某大学にいった。最寄り駅を降りて、キャンパスまであるいて10分ほど。 最寄り駅そのものもリニューアルされていて、ボクがいたときとは改札の位置や駅の構造もちがっているが、町並みそのものはかわっていないので、学生のときにかよった道をそのまま歩くことにした。 わずか10分ほどだったが、意外に思ったのが、コ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

懐かし・ベタ展開・お笑いウルトラクイズ

たけしの「お笑いウルトラクイズ」、懐かしかった~ 11年ぶりだったけど、11年前とかわらないベタなコーナーと、ベタな展開に大満足 「○×クイズ」で、ロックオンを迷うところとか、最後は、みんなでシェルターに逃げ込むが、そこに打ち込まれたり。 ダチョウや井手らっきょの“脱ぎっぷ…
トラックバック:55
コメント:2

続きを読むread more

謹賀新年!

あけましておめでと~う!2007年がいよいよ始まりました。 昨日は年越しそばを食べてから、年越し・・・カウントダウンの瞬間は、TX系の「ジルベスター」で迎えました。 ジルベスターを全部見ているわけじゃないのですが、だいたい5,6分前にチャンネルを変えて、「威風堂々」(エルガー)が始まったところからテレビをみていました。 もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンフレーズの難しさ

日曜日の昼に「たかじんのそこまで言って委員会」という番組がある。 よみうりテレビ制作で全国ネットではないが、わが佐賀県でも見ることができる。 司会者はやしきたかじんさんと、よみうりテレビの辛坊治郎さん。コメンテーターが8人いて、三宅久之さんや、田嶋陽子さん、宮崎哲弥さん、桂ざこば師匠、橋下徹さんらがレギュラーといったところだ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

台風接近

九州地方を台風14号が接近。私が住む佐賀県も最初は、それるかな?と思っていたけど。 台風は東にそれることなく、まっすぐ北上。 まさに直撃コース。しかも、再接近は、夕方とか・・・ う~ん、仕事帰りに直撃
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ダイエット開始

去年一年で三キロも太ってしまった。 これではいかん!と「一念発起」、ダイエット作戦スタート~! ということで、昼休みにウォーキング35分(早歩きで約2.5キロ)を毎日励行 週に2回はジョギング(約2.5キロ) 食べ物は、やや控えめ。特にカロリーに気にして一日の摂取カロリーを1,200前後で固定。 これで、目標は3ヶ月で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進藤アナの結婚誤報に対する謝罪記事

あるスポーツ新聞が21日付け一面でスクープした進藤晶子アナの結婚報道。一夜明けると、全くの誤報ということがわかり同紙は22日付け紙面で謝罪記事を掲載した。 しかし、誤報が一面トップ、全面使用なのに対して、謝罪記事はわずか9行。 もちろん、これは、謝罪記事や訂正記事によくみられることではあるが、改めて謝罪記事や訂正記事について考え…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「優しい時間」梓暴走?

梓がとうとう暴走した。 わかっちゃいるけど・・・という話でもあるまいに。 このドラマで梓の行動はいつも突飛だ。 情緒不安定のとばっちりをうけた親子はたまらないだろう。 拓と梓、来週からどう接するのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救命病棟24時またまた

救命病棟をみてエッと。 松嶋はここで途中退場か?一瞬ひゃっとしたが、予告編をみると、そんなことはない(当然か)。 後半戦は、松嶋の復帰と、仲村の改悛?がテーマなのでしょうか。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

優しい時間その2

心が温まるというか、なんともいえない気持ちになる。 番組が終わったあとはいつも。 一つ一つのストーリーに押し付けがましい説教があるわけではない。だからといって、童話的な話でもない。 通奏低音のように流れるものは「人を信じることの意味」かな? 末期がんであることを隠し、嘘をつきとおす夫と、それをそれとなく知る妻 若い夫と妻の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翔馬ちゃん通魔殺人事件

翔馬ちゃんを殺した男は、出所してきたばかりだという。 刑事政策では、よく「更生」という言葉が語られる。 彼は前誹に対してどのように更生したのだろうか。 彼は、おそらく悪くて無期懲役。もしかしれば精神こう弱状態として軽い量刑になるかもしれない。いずれにしても、決して死刑判決を受けることはないだろう。 その時彼にどのように「更生」さ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

考えさせられる救命病棟24時

大震災後の救命病棟は、もっと凄惨に違いない― おそらくTVを見ている人の大半は相思っているに違いない。それはそれで当然と思うが、やむを得ないともみんな感じている。 大事なことは、このドラマを見ていて、震災が起きたときには、患者か、患者の家族の立場になるであろう自分がどのような行動を取れるかを、少しでも考えることではないだろうか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

審議拒否は共感を呼ばない

通常国会の冒頭は、前代未聞の審議拒否からはじまった。 それも、総理が質問に対して答えているか否か―という点をめぐって。 しかし、その審議拒否もわずか数時間後にはとかれ、本会議での質疑は再開された。 あれは何だったのだろうか?パフォーマンスにすぎなかったのか。 思えば、国会の審議拒否、牛歩戦術は、1992年の社会党(当時)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「義経」神木君の演技と再登板希望!

「「大河ドラマ 「義経」 我が父清盛」について」について 神木君の演技はよかったですね~来週でみれなくなるのは・・・ 義経の最後あたりでもう一回でてくれたら、例えば源実朝役とか。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「大河ドラマ 「義経」 我が父清盛」について

「大河ドラマ 「義経」 我が父清盛」について 蛭子さんがお公家様とは・・・ セリフの「さっこちらへ、さっこちらへ・・・さっこちらへ」もお公家様と言うよりも商人的な感じもするのですが。 どうしてもなじめませんでした。 平宗盛が幼いながらも、公家化しているのは将来を早くも暗示している演出で。
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

1月16日 大河ドラマをわかりやすくするために

ブログをはじめようか、どうしようか思って48時間。 一念発起してはじめることにしました。 最初からこう書こう!と思うと多分途中で息切れするんで、毎日少しずつ。 今日は、大河ドラマで思ったこと。 「義経」の第二話を見て思ったんですけど、源平の話をするときって、登場人物が、 源義朝、源頼朝、源義経、平清盛、平重盛・・・って…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more