テーマ:テレビ

篤姫(11月23日)

徳川家存続に苦心する天璋院サマと清寛院サマ それに引き換え本寿院サマは・・・・ここにきても、このキャラを際立たせるのはご立派! さすがに、これまでは大目にみていた天璋院サマもさすにがうんざりした表情が印象的。 一方の新政府軍では、西郷が台頭。 小松サマも「薩摩藩の家老」だが、新政府でのポジションはまだビミョウ。 あ~も…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

篤姫(11月9日)

「あの子は、徳川の人間です。わたしは島津家の人間です。」 この一言が今回すべてを言い尽くしています。 天璋院救出に邁進する小松帯刀。 でも・・・お近さんが何とも健気で(涙) 島津の人間だからこそ、国父の書状をもって天璋院に文をしたためる幸。 その気持ちは痛いほどわかりますが、幸も書状を書いただけで天璋院が薩摩に戻るとは…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

篤姫(11月2日)

しばらくぶりのレビューです。 「篤姫」はみていたのですが、リアルタイムでみてなかったりしたので、レビューを書くのを怠っていました。 さて、今日のテーマは「大政奉還」 坂本龍馬だけでなく、今回は小松帯刀が大活躍。 しかし、何ゆえに、小松さんが大政奉還論者? 西郷さんや大久保さんとは目指すところが違う、というのはわかり…
トラックバック:28
コメント:1

続きを読むread more

篤姫(10月12日)

駆け足すぎやしませんか??? 第一次長州征伐のことなど、ナレーションでもふれられずに、いきなり第二次長州征伐。 みているほうは、何のことだか??? ま、それは先週の展開から「想定の範囲内」ですけどw 長州征伐のため、江戸をたつ家茂。 もちろん、これが「今生の別れ」になるのですが、当然、天璋院サマも和宮サマもそんなこ…
トラックバック:32
コメント:6

続きを読むread more

風のガーデン(10月9日)

とてもせつなすぎます。 倉本さんの作品ということで期待していた矢先に、緒形拳さんの訃報。 しかも、ドラマの中では緒形さんが医者で、息子の中井貴一さんが末期がんの設定なんて。 いったい、緒形さんはどういう思いで、この役を演じられていたのでしょうか。 そう思うと、作品のストーリーとか、作品をつうじて訴えたいものではな…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

篤姫(10月5日)

いい加減、庭田嗣子がウザくなってきました。 天璋院様が宮様のもとを訪れたときにも、「なんのようでっしゃろ」と、無礼極まりない言動。 勧行院様と天璋院様が、仲良くなりかけているだけに、だれぞ「控えよ!」と一喝してくれないものか・・・ さて、今日の舞台は、大奥と京。 というか、たぶんこれからずっ~と舞台は、この2つなんでしょうね…
トラックバック:30
コメント:6

続きを読むread more

篤姫(9月21日)

家茂の上洛決意。 上洛するのは史実ですし、朝廷と幕府のやりとりも史実だからいいのですが、今回は天璋院と滝山のビミョ~なやりとり。 天璋院が何か家茂に吹き込んだのではないか、と疑う滝山ですが、つっこみもいまひとつ。それに対する天璋院の切り替えしも今ひとつだったので、みていてやや消化不良。 それに比べて、勝と天璋院のやりとりはみて…
トラックバック:30
コメント:2

続きを読むread more

篤姫(9月7日)

久光の上洛により、「京方」「本寿院」「篤姫」と、三つ巴の様相を呈してきた大奥。 「そんなことわたしがわかるはずがなかろう」 本寿院のこのコトバに凝縮されているのが、篤姫=薩摩連携の不可解さ。 いったい、どうやって篤姫が大奥から薩摩を手引きするのでしょうw 苦しい篤姫の立場、味方である滝山も「外様にあるまじき」といわざ…
トラックバック:29
コメント:6

続きを読むread more

篤姫(8月31日)

大奥における江戸VS京都 実は、先週は見逃して昨日の再放送をみたのですけど、天璋院サマの前回の行動には正直??? だって、滝山はじめ大奥の面々は大奥の秩序を守ろう、それが天璋院、そして徳川将軍家の威信につながると信じて、和宮はじめ観行院や庭田と対決しているのに、当の天璋院が“敵方”に理解を示したり、下座について丁重な物言いを…
トラックバック:29
コメント:7

続きを読むread more

篤姫(8月17日)

大老・井伊直弼の「美しき最期」の余韻に浸ることもなく、公武合体の話が華やかに。 京と江戸、それぞれで女性は婚儀に反対。 天璋院にとっては、自らの過去とオーバーラップすることがあるのでしょう。 そう思うと、先週の「好いちょりましたか」もなんとも味わいがある言葉です。 桜田門外の変の余韻は江戸ではなく、薩摩に。 有村雄助切…
トラックバック:36
コメント:8

続きを読むread more

篤姫(8月10日)

天璋院VS直弼 天璋院も直弼には、ネチネチネチネチ。強烈なのは、「いまごろ隠居でもさせらている」の一言。 茶室で一騎打ち。 「この国を守りたいという一心にござりまする」 「己の役割を果たしたまで・・・」 「そこまでの覚悟であったかと・・・」 ここできたか「一方きいて沙汰するな」 いいですね。「役割」…
トラックバック:32
コメント:9

続きを読むread more

篤姫(8月3日)

於一のときと、天璋院のとき、こんなに声質が違うのか、と回想シーンをみて思いました。 宮崎あおいさんの演技にまたまた感激。 島津忠教に小松帯刀を介して建白書をだす大久保正助。 斉彬=西郷といれかわるように、忠教(久光)=大久保がいよいよ登板。 しかし、人材を登用すべしとか、幕府を改革すべしとか、斉彬公の遺志を継ぐべしとか・・・…
トラックバック:29
コメント:6

続きを読むread more

篤姫(7月27日)

「天璋院」 ついにクレジットから「篤姫」が消えました。 タイトルが人名の場合、最後になのった名がタイトルになることが通例ですから、幼名やそれまでの名前がクレジットにでることはあるのですが (例) 「徳川家康」の場合、松平元康  「義経」の場合、牛若丸 その逆は、あんまりないのでは? う~ん、思いつかない。 …
トラックバック:30
コメント:6

続きを読むread more

めぞん一刻(7月26日)

一年以上前のことだったので、どういうところで終わったのかわすれていました(笑) 続編が1年後って・・・制作サイドの事情でなにかあったのでしょうか? 響子(伊東美咲)さん、こんなに五代クン(中林大樹)のことが好きな心境になって、前回おわりましたっけ? 話しが途切れ途切れになって連続性がないように感じました。 三鷹(沢村一樹…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

正義の味方(7月23日)

よりによって小力ですか(笑) かなり久しぶりにみた長州小力です。彼にとっては、槇子(山田優)さまさま 容子(志田未来)の悲惨さは、シチュエーションだけでなくて、今回はついに、顔に金網のあとをビッタリとつけてしまい、かわいそうなお顔に。 女優さんなんですから、もう少し待遇よくてもよさそうですけどw 役柄でも、なんだかわけの…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

シバトラ(7月22日)

人に裏切られた生徒の話。 滅茶苦茶悪そうな感じですけど・・・先生も生徒もそろいにそろってスゴイ学校です。 みていてシバトラ(小池徹平)のうかつさも目立つように。 潜入操作をしているのに、制服着て、警察署の正面から堂々と出入り。 そりゃ、武良(鈴木亮平)だけじゃなくて、他の誰かにみつかってもしかたないです。 チームシバト…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

太陽と海の教室(7月21日)

地球一熱い教師が海からやってキターッ!! って、どんなサブタイトルですか(笑)  まじめな熱血ドラマなのか、それともコメディタッチのドラマなのかサブタイトルでは皆目検討もつかず・・・ 織田裕二だから両方ありなのかな? でもまず思ったことは、末吉とかいうアホなガキを最後は死ぬほど反省させて、土下座してあやまらせるぐらいのこ…
トラックバック:34
コメント:0

続きを読むread more

篤姫(7月20日)

家定の死があたえた影響 ・ハリスとの会見に代表される外交問題 ・将軍継嗣問題を代表とする内戦問題 まさに国事多難、内憂外患のなかで死んだ将軍家定。 篤姫が自らをせめ、お志賀も篤姫をせめ、本寿院に至っては篤姫が毒殺したと、さながら民放の○○サスペンスのような罵倒を浴びせます。 篤姫も辛いのでしょうが、今回ばかりは本寿…
トラックバック:34
コメント:8

続きを読むread more

コード・ブルー(7月17日)

4人がそれぞれの患者をかかえながら、みんなで急患の処置にあたり見事のりきるという定番・王道の話。 白石(新垣結衣)と藤川(浅利陽介)がホントは当直だったのに、オペに乗り気なのは、当然、藍沢(山下智久)と緋山(戸田恵梨香) 緋山のキャラが変わったような気が。 なんだか、やる気にみちあふれたプチ・藍沢の感じがします。 キャリ…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

四つの嘘(7月17日)

満希子(寺島しのぶ)が「家政婦がみた」ばりに、美波(羽田美智子)の不倫にせまる! 戸倉から手帳をあずかり、くいいるようにみる満希子 ハートマークに、DD、DML・・・一目見て、何のことか看破する詩文(永作博美) ハートマークの数が何を意味するのか一目瞭然でしょ。 DDとDMLはわからなかったけど・・・・ なぜ河野の…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

正義の味方(7月16日)

いや~おもしろい。ストーリー動向ではなく、槇子と容子の表情を中心にした演技にw 山田優の足はスラリとしてキレイですね。 容子にさせてること、かなり危なくないか? 郵便受けをのぞいて情報収集したり、ゴミ置場で物色したり・・・ コンサートで爆睡しているところが誤解され・・・ 靴ふまれて泣いているところが誤解され・・・・ …
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

モンスターペアレント(7月15日)

なんだか、毎回スッキリはしないですね。 今回も、結局、給食費の取立て、未納問題は解決したのか、しないのか・・・ ただ、現実に給食費の未納問題は深刻な問題で、そんなに簡単に解決する話しではないので、あまり簡単に解決されてもどうかと思うので、ドラマをみてスッキリはしないのですが、作り手側の考え方が安易なものではないこともわかり、好感…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

シバトラ(7月15日)

高校に潜入・・・といっても無理がないようにみえるのがさすが童顔。 しかし、荒れている学校をとおりこしたスゴイ学校です。 美月(大後寿々花)に、ここに住もう、といわれれば、なんだかかんだといいながらも二つ返事でオッケーをだしてしまいそうなものです。 今日の話。 新庄(宮川大輔)が謝ればいいだけの話でしょ。 「グレーゾーン…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

Tomorrow(7月13日)

みていて???な話。 確かに医師免許は一度とれば有効だけど、8年間も現場をはなれていた森山に、前回も引き続き、今回もオペを任せるとはこれ如何。 市民病院のドクターも、「また君か」ぐらいで何事もなかったかのように受け入れるというのも・・・ ま、その不自然さは森山が現場に復帰することで、今週までのようですけど。 七海ちゃ…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

篤姫(7月13日)

話しがてんこ盛りの回。 先週の予告をみたときからわかっていたとはいえ、「条約締結」「安政の大獄」「斉彬の死」、そして「家定の薨去」まで一気に進むとはやはりいきすぎ。 特に、「家定の薨去」 あまりにもあっさりしすぎ。篤姫と家定の対話らしい対話はまったくなく、過去の回想シーンもほとんどない。 斬新といえば斬新ですけど、あまり…
トラックバック:30
コメント:10

続きを読むread more

正義の味方(7月9日)

わらえた! こんな姉妹はいないとわかっているから、わらえるんです。 お絵かきに落書きしたり、スイカは食い残ししか食べさせないなんて、まさに悪魔そのものw 「ウンコしてるから」 「なかなかスッキリしなくて」 容子(志田未来)がよく性格が屈折しなかったな~ 今なら、下手すると・・・親を殺害したり、無差別殺人をするパターンにな…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

コード・ブルー(7月10日)

冴島はるか(比嘉愛未)のキャラが印象的。 初回は、ドクターの人物紹介でおわっていたけど、今回は飛ばしますね。 白石(新垣結衣)を見事にノックアウト。 さらに、緋山にも嫌味をチクリ。 ま、確かに白石も思いっきり上から目線。 鼻が折れている患者に「わたしもある意味、ハナが折れてるのよ」とは何たる切り替えし! 緋山(戸田恵…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

四つの嘘(7月10日)

しっかりした役者さんとしっかりした脚本家のドラマということで、期待しています。 原詩文(永作博美) すごい女ですね~「魔性」というか「悪魔的」。 さらりと遺産の中から養育費を一括払いしろというだけじゃなく、「口座番号です」 これにはまいりました! ボクサーに対する想いだけは、「悪魔的」じゃなくて、「純粋」なのかな? …
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

シバトラ(7月8日)

コミカルでなかなか面白い。 小池徹平だけじゃなくて、真矢みきも、アッキーナも、そして宮川大輔も。 なんだか役者がぴったり役にあってみるみたいで。原作読んだことはありませんけど・・・ 売春におちいっている少女を救うという、シリアスなテーマであるにもかかわらず、途中で、塚地と藤木のかけあい漫才のような演技がはいるなど、シリ…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

モンスターペアレント(7月8日)

高村樹季。 川本を前にして、「モンスターペアレント」と見事に言い放つし、自分の歓迎会でも途中で帰るというし。 先週も書いたけど、本当に「腕利き」かいな? 川本。ま、モンスターペアレントはいうまでもないですけど、ひどい親です。 1,000万円の賠償金を払えと、内容証明を送りつけるなんて。 何もできない夫も夫で、夫婦愛とし…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more